体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生理が規則正しく来ていても排卵期がずれる?基礎体温をつけてみてわかったこと

f:id:akasuguedi:20160620090652p:plain

私は元々、学生の頃から生理痛がひどく、たまに不正出血もあったため、婦人科に何度も通っていました。

あまりにも生理痛がひどく、婦人科で検査したところ、子宮内膜症の疑いがあると診断されました…。

「もし将来的にお子さんを考えていらっしゃるのであれば、できるだけ早く考えてください。できれば20代で…」

とも言われました。

その時はまだ社会人になりたてで、将来のこともわからず、30くらいで結婚出来ればいいな、という考えでした。

もちろんこの診断結果で、私は将来的にもしかしたら子どもを産むことができないのかな…などと落ち込みましたが、それだったらそれでキャリアウーマンとしてバリバリ働いてやる!と、逆にふっきれました。

そして、そうこうするうちに24歳で今の主人と知り合い、ひょんなことから1年後に婚約の話がでてきました。

主人は特に子ども好きということでもなかったですが、将来のことを話した時に、子どもの話になりました。

ここで自分の体のことを話しておかないと、彼がもし子どもを絶対欲しい人なら、私との結婚は彼にとってリスクがあると感じましたので、正直に「子どもができにくい体だから」と伝えました。

どう返事されるかなと不安でしたが、彼は「子どもができなくても二人で楽しく過ごせたらそれでいい」と言ってくれ、その言葉で結婚の決断ができました。

もしも2年たってもできなかったら不妊治療をするかという話もしましたが、お金も身体も負担がかかるし、どちらかが原因と分かってお互いギスギスしたくないという理由で、不妊治療の話はしないと決めました。

結婚前にこの話を真剣にできてよかったと思っています。

そのまま25才で結婚して主人と妊活の話になり、2年たってやっとできる人もいるから早いうち妊活をしよう…という話になったので妊活を開始しました。

妊活を開始して半年しても妊娠の兆候が見られないので、やはり私は子どもができにくいのかな…と落ち込んだ時、彼から婦人体温計をつけてみたら?とアドバイスをもらいました。

私は生理は定期的にくるタイプなので、排卵期などもだいたいで数えてましたが、確かに婦人体温計で測ったほうが正しい判断ができるかもと思い、携帯とデータを連携して管理できる婦人体温計をつけはじめました。 関連記事:測り忘れ、計測ミス…意外に面倒な基礎体温。でも自分の体と向き合い、整えるきっかけに

つけはじめて、初めて排卵期のような兆候が見られたので主人に話し、妊活をして様子を見てみると…排卵期を過ぎてから体温が高温期に上昇していました。

あれれー?と思いましたが、そのまま毎日つけると、生理予定日までずっと高温期状態でした。

体感的にも体がポカポカずっとしていて、寒がりだった私が、寒さをあまり感じることもなく、体がずっとあたたかくなりました。

そして体が少しだるく、疲れやすくなりました。

ちょうどその頃、会社の健康診断でレントゲン検査がありましたが、生理予定日の前日ということと高温期が続いてることもあり、一応大事をとってレントゲンは撮りませんでした。

今となってはこの婦人体温計でのデータを見て、もしかして…と思ってレントゲンを撮らなかったので、データで管理しててよかったと思いました。

私はいつも生理前の5日前ほどから毎回鈍い腹痛があり、生理の予兆がそれでわかるようになっていました。

そして、今回も生理前の鈍い腹痛がありました。

鈍痛があるので、「体温が高温期になってるのは風邪をひいてるのかな?気のせいかな?」と思いつつ、生理予定日の生理を待っていましたが、珍しく来ませんでした。

その次の日も、その次の日も、生理が来ると思っても来ず…というのを繰り返し。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。