ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生理が規則正しく来ていても排卵期がずれる?基礎体温をつけてみてわかったこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私は元々、学生の頃から生理痛がひどく、たまに不正出血もあったため、婦人科に何度も通っていました。

あまりにも生理痛がひどく、婦人科で検査したところ、子宮内膜症の疑いがあると診断されました…。

「もし将来的にお子さんを考えていらっしゃるのであれば、できるだけ早く考えてください。できれば20代で…」

とも言われました。

その時はまだ社会人になりたてで、将来のこともわからず、30くらいで結婚出来ればいいな、という考えでした。

もちろんこの診断結果で、私は将来的にもしかしたら子どもを産むことができないのかな…などと落ち込みましたが、それだったらそれでキャリアウーマンとしてバリバリ働いてやる!と、逆にふっきれました。

そして、そうこうするうちに24歳で今の主人と知り合い、ひょんなことから1年後に婚約の話がでてきました。

主人は特に子ども好きということでもなかったですが、将来のことを話した時に、子どもの話になりました。

ここで自分の体のことを話しておかないと、彼がもし子どもを絶対欲しい人なら、私との結婚は彼にとってリスクがあると感じましたので、正直に「子どもができにくい体だから」と伝えました。

どう返事されるかなと不安でしたが、彼は「子どもができなくても二人で楽しく過ごせたらそれでいい」と言ってくれ、その言葉で結婚の決断ができました。

もしも2年たってもできなかったら不妊治療をするかという話もしましたが、お金も身体も負担がかかるし、どちらかが原因と分かってお互いギスギスしたくないという理由で、不妊治療の話はしないと決めました。

結婚前にこの話を真剣にできてよかったと思っています。

そのまま25才で結婚して主人と妊活の話になり、2年たってやっとできる人もいるから早いうち妊活をしよう…という話になったので妊活を開始しました。

妊活を開始して半年しても妊娠の兆候が見られないので、やはり私は子どもができにくいのかな…と落ち込んだ時、彼から婦人体温計をつけてみたら?とアドバイスをもらいました。

私は生理は定期的にくるタイプなので、排卵期などもだいたいで数えてましたが、確かに婦人体温計で測ったほうが正しい判断ができるかもと思い、携帯とデータを連携して管理できる婦人体温計をつけはじめました。 関連記事:測り忘れ、計測ミス…意外に面倒な基礎体温。でも自分の体と向き合い、整えるきっかけに

つけはじめて、初めて排卵期のような兆候が見られたので主人に話し、妊活をして様子を見てみると…排卵期を過ぎてから体温が高温期に上昇していました。

あれれー?と思いましたが、そのまま毎日つけると、生理予定日までずっと高温期状態でした。

体感的にも体がポカポカずっとしていて、寒がりだった私が、寒さをあまり感じることもなく、体がずっとあたたかくなりました。

そして体が少しだるく、疲れやすくなりました。

ちょうどその頃、会社の健康診断でレントゲン検査がありましたが、生理予定日の前日ということと高温期が続いてることもあり、一応大事をとってレントゲンは撮りませんでした。

今となってはこの婦人体温計でのデータを見て、もしかして…と思ってレントゲンを撮らなかったので、データで管理しててよかったと思いました。

私はいつも生理前の5日前ほどから毎回鈍い腹痛があり、生理の予兆がそれでわかるようになっていました。

そして、今回も生理前の鈍い腹痛がありました。

鈍痛があるので、「体温が高温期になってるのは風邪をひいてるのかな?気のせいかな?」と思いつつ、生理予定日の生理を待っていましたが、珍しく来ませんでした。

その次の日も、その次の日も、生理が来ると思っても来ず…というのを繰り返し。

高温期も相変わらず続いたままで、また鈍い腹痛も続いたままでした。

体も少しだるいのが続き、だるいなーおかしいなーと思いながら生理が来るのを待ちましたが、そのまま一週間が経ちました。

主人には生理がこないことも、高温期が続いていることも全て体の変化のことを伝えていましたので、一週間経ったときに「市販の妊娠検査薬を試したら?」と言われました。

会社から帰ってすぐに妊娠検査薬を試すと、そこに線がうっすら出ていて…「え!?妊娠してる!!」とびっくりしました。

ただ、まだ薄っすらとだったので確証がもてず…。

その週の休日に母に付き添ってもらい、産婦人科を受診しました。

結果は「妊娠しています」とのことで…本当にうれしかったです。

病院を受診したときは、少し時期が早かったようで赤ちゃんの姿は見えず、血液検査で妊娠の数値が上がっており、それによって妊娠が判明しました。

その時に、生理日から計算してるけども、排卵期が一週間ずれた結果だからまだ赤ちゃんが小さくて見えないんだよと病院の先生にいわれました。

ここで分かったのは、排卵期は一週間ずれることがあるということでした。

婦人体温計をつける前は生理日から自動で排卵期を計算してくれるアプリを使って管理していましたが、実際には排卵期はその一週間後にずれていたようでした。

婦人体温計をつけだした時には、はっきりと低温期.高温期と温度変化でわかったので、排卵期がそれできちんと測ることができ、妊娠に至ることができました。

結婚後も「子どもがほしいけど、できないかもしれない」と心の片隅に思っていたのですが、こうして妊娠することができ、主人もとても喜んでくれました。本当にうれしかったです。

私の場合、主人が妊活に関しても積極的にいろいろ調べてくれて、アドバイスをくれたから妊娠することができたのだなと…今になって思います。

もちろん、「子どもがいなくても二人でいれればいいよ」という雰囲気を醸し出してくれたので、気負わず妊活できたこともプラスだと思いました。 関連記事:赤ちゃんを迎えるための準備!ママパパの体づくり、夫婦で楽しみながら一緒に

「子どもがいなくてもいいかな…」となかば諦めるように思っていましたが、周りが妊娠、出産をする中で、少し羨ましいなという気持ちも正直ありました。

なので、この度の妊娠は正直不安もたくさんありますが楽しみや嬉しさがこみ上げてきました。

私のように、病院で妊娠しにくい体と診断された方で、赤ちゃんが欲しい方はぜひ、婦人体温計を使用した妊活にもチャレンジされてみてはと思います。あとは旦那様のサポートも必要だと思います。

今はつわりも落ち着きましたが、妊娠した後の体調の変化で体のだるさ吐き気、つわりがあり、妊活前よりももっと旦那様のサポートが必要になってきます。

私はつわりがひどく、全て主人に支えてもらったのでつわりも落ち着き、リラックスしてマタニティ生活を送れています。

また、子どもがいる友人にアドバイスをもらい葉酸サプリを病院で処方してもらったり、ルイボスティーなど妊娠しても安心して飲める飲み物なども教えてもらっています。

会社には心拍が確認されてからすぐにつわりの傾向が出たので、報告を早めにしました。

その報告によって、今後のことや今の体のことを大変気遣ってもらい、辛い時は休ませてもらったりと甘えさせてもらっています。

やはり妊娠初期から周りのサポートが必要だと感じました。サポートしてもらえる環境もありがたいことだと感じることもできました。

今回の妊娠で、婦人体温計は妊活で本当に役に立ったものだと感じましたので、子どもがほしいけどなかなかできないと悩んでいる友人にも勧めています。

著者:もるもっこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「超」がつくほどの生理不順。治療も一旦お休みし海外へ…ところが帰国後、体調が?
妊娠の兆候
尿の匂いで妊娠を確信

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP