ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

開票速報を見守る“残留派”の人々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イギリスの現地時間(以下同)6月23~24日にかけて、同国の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票が行われた。23日午後10時に投票を終え、その後開票作業に移ると、24日午前7時ごろに全382投票地区の開票結果が判明した。

【もっと大きな画像や図表を見る】

調査会社による投票終了直後の世論調査は「残留52%」「離脱48%」と“残留”が優勢だったが、開票が始まると序盤から“離脱”が優勢。結果は「残留48.1%」「離脱51.9%」だった。開票後にはEU残留派のキャメロン首相が辞意を発表。投票結果も含め世界の金融市場に大きな影響を与えた。

写真は「I’M IN」(EU残留)のTシャツを着て、開票速報を見守る人々。彼らの願いは届かなかった。最新イベントの様子から、注目のファッションアイテム特集やセレブのプライベートショットまで、エンタメ情報を写真で楽しむならこちら。随時更新中!心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします
(R25編集部)

開票速報を見守る“残留派”の人々はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

年間130億円説も Jリーグ放映権料増?にファン興奮
形骸化の声もあるけど…「サミット」の意義とは?
歴史に学ぶ…過去「デフレ脱却」した事例ってあるの?
迎賓館の一般公開スタート 庶民はただただ溜息
需要はある…の?150万円超の高級スマホ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP