体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】時代は牛カツ?『牛かつ黒カリー』を食べてみた @『かつ宗』

katumune026_R

優雅に秋葉原を席巻するガジェット通信の”秋葉原制覇”ですが、筆者(YELLOW)的に盛り上がって参りました!

というわけで、更新スピードも必然的にアップし、筆者のブーデー化も加速する昨今ですが、あえて言おう!

「基本、揚げ物万歳!!」

まあ、応用的にも揚げ物大スキーなわけですが、やはり揚げ物は魅力的かと存じます。そんな感じの筆者ですが、最近はちょいちょいシャレオツ系な揚げ物も嗜むようになりました。

今、若い女子に牛カツがキテる!

katumune024_R

嘘です。

ちょいちょい前から牛カツは注目されていたのですが、何故かトンカツは敬遠するクセに牛カツには飛びつく人種が増えています。

katumune022_R

トンカツ原理主義者である筆者的には由々しき事態ですが、揚げ物好きとしては嬉しい時代で御座います。

katumune021_R

というわけで、何故か牛カツに群がる女子達が増えた昨今、この『かつ宗』も女子がちょいちょい入っていました。

『牛かつ黒カリー』を所望する!

katumune020_R

牛カツを食べると見せて、さりげなく『牛かつ黒カリー』を注文する筆者で御座います。

何故に『黒毛和牛肩ロース牛かつ御膳』(1280円)に行かないのかというと、牛カツ系はボリュームと価格が比例するので、絵的にインパクトがある牛カツを食べるには大金が必要だからであると弁明しておきましょう。

あと、普通のカレーであればスルーした可能性も否めませんが、この“黒カリー”な部分に惹かれた筆者です。

しかもカレーをカリーとコダワリ表記する店のカレーは、往々にして美味いという説を唱える筆者ですので、カリーの法則が発動すれば必ず勝てる予感です。

『牛かつ黒カリー』を食す!

katumune025_R

はい、そんな感じの『牛かつ黒カリー』の降臨です。

katumune029_R

写真を見れば一目瞭然なので言う必要はないような気がしないでもないのですが、なんとなく言いたい気分なので、あえて言おう!

「牛カツなんて飾りです!偉い人にはそれが分からんのです!」

この価格帯の牛カツであれば、確実にこうなる予感しかしていなかった筆者は、さりげなくカレーに逃げる事で事態を収拾したと言っておきましょう。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。