体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べられたものを記録して「つわりマニュアル」作成。辛い時期を乗り切った工夫あれこれ

妊娠6週目に初めて嘔吐してから、吐きづわりが始まりました。

つわりは本当にしんどいと聞いてはいましたが、まさかこんなにつらいなんて…という感想です。

とにかく、何をしていても、気持ちがわるく、ご飯を吐いてばかりいました。

そして、7週目あたりから本格化していき、地獄のつわりライフが幕をあけました。

ここから9週目くらいまでは、死んでいました。

目覚めは最悪。吐き気と共に起き、すぐさまトイレへ…。

真夜中も気持ちが悪くなり、何度も起きたりして、よく眠れない日々が続きました。

当時、私は働いていたため、朝は満員電車に乗り、中年男性のタバコや加齢臭に耐え…普段はいい匂い!と思うような、女性の香水やシャンプーの香りも気持ちが悪くてしょうがなかったです。

乗り換えの駅のトイレで吐き、会社に着いたら会社のトイレでまた吐き、といった感じで、一日中トイレとお友達状態でした。 関連記事:隣の洗濯物のにおいもダメ!出産の何倍も辛かったつわり生活

つわりピークの1ヶ月間は、とにかく毎日、つわりが改善される手立てをネットで検索して実行していました。笑

☆柑橘系のジュースや飴

☆炭酸水

☆フルーツ

☆そうめんなどの麺類

☆トマトソースなどのすっぱいもの

☆男梅グミ

などが、まだ食べられました!

そして、なぜか白米がものすごく嫌いになりました!炭水化物はパンから摂取していました。

ご飯を炊けなくなる、というマニュアルどおりのそれにもなりました。

チャーハンを食べているCMを見るだけで、もう嫌になって嫌になって、しょうがなかったです!

油っぽいものも食べられなくなり、油が気化した匂いもダメなので、家での自炊が疎かになりました。

好きだったお酒も、まぁ、飲んではいけないので好都合でしたが、微塵も飲みたい気持ちになれませんでした。

料理は、旦那さんに頼り、毎日食べれるものを見つけては、乗り切りました!!

さらに、もう絶対に吐いてしまうことがわかっていたので、吐きやすいものを食べるよう心掛けるように成長しました。笑

☆お豆腐

☆ゼリー

☆柔らかいパン

☆アイスクリーム

などなど、、、しっかりと噛んでたべました。

逆に、吐いて「最悪だ、コレは一生食べない」と思ったものがあります。

カレーです。

汚い話になるので多くは語りませんが、つわりピーク中はカレーは食べないほうが身のためです。笑

そして、こんなに吐いているのに、胃が空っぽになると気持ちが悪いので、何か食べないといけない!というのが、これまたつわりの苦しみです、、、。

そんなに気持ちがわるけりゃ、食べなきゃいいのに、、、なんて言ってくる輩もいますが、これがわかるのは妊婦だけですよね。

飴やキャラメルなど、腹持ちは悪いのですが、働いている間は空腹しのぎで、とても役に立ちました!

それでも「もう、だめだ!」という時には、小さなマフィンやパンなど、更衣室で隠れて食べておりました…。

こうして、日々、合うものを見つけてはノートに記していました。

吐かないようになってきたら、「これを食べたら戻さずに済んだ!」なんて記録もノートに書き、自分自身のつわりマニュアルなるものを作って、試行錯誤を重ねました。

(後々、読み返すと、泣き言が怒涛のように書いてあり、つわりが終わってから見ると、笑えます。しかし、その時は必死すぎて、ただの暗黒手帳です。)

また、気持ちが悪い!という気分を紛らわせる為に、いろいろな方法も試みました。

☆コウノトリのドラマ、漫画を見てモチベーションをあげる。

☆妊娠漫画、子育て漫画を見て、励まされる

コレは本当に気がまぎれました!

自分と同じ状況にある人達の漫画を見て、共感し、心強かったです。泣きました!

☆子持ちの先輩、友達にひたすらLINEでエールを送ってもらう

☆母に相談

☆旦那にやつあたり。笑

などなど、、、ひとりで気持ち悪さとただただ戦っていると、どんどんブルーになり、元気がなくなって死人のような顔になってしまっていたので、先輩ママに助けを求めたりして、何とか生き延びました…。

私の仕事は事務職だったので、まだ良かったのかもしれません。

立ち仕事等の方は、本当につらいと思います。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。