ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

7億円サマージャンボ、話題の売り場には「招き爬虫類」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 発売中の1等・前後賞合わせて6000万円が当たる『幸運の女神くじ』に続き、1等・前後賞合わせて7億円というビッグな『サマージャンボ宝くじ』の発売7月6日)が迫っている。

 全国各地の宝くじ売り場はさまざまな開運法を実践しているが、最近“当たる”と話題の売り場に共通するキーワードはなんと“爬虫類”だという。

 神奈川県横浜市にある『いずみ中央ダイクマチャンスセンター』。2011年のサマージャンボで1等・前後賞合わせて3億円、2012年のドリームジャンボで1等・前後賞合わせて1億1000万円、昨年はロト7で1等約2億4800万円を出している。

「4年ほど億当せんから遠ざかっていた2009年のドリームジャンボ直前のある朝、開店前の掃除をしていたら、白いヤモリが1匹ちょこんとカウンターの上にいたんです。白ヘビは縁起物といわれますし、きっと白いヤモリもラッキーを運んできてくれるだろうと、販売員が“億当せんを出してください”と手を合わせて願掛けしたんです」(販売員の有路住代さん)

 すると、直後のドリームジャンボで1等3億円と2等1億円がダブルで大当たりし、それから4年連続で億当せんが出た。以来、「招きヤモリ」が売り場の守り神となった。

「売り場に住みついた白いヤモリに合わせて、金や銀の『招きヤモリ』グッズを置くようにしたんです。多いときには10匹ほどいたんですが、お客さんについて行ってしまうのか、どんどん逃げて(なくなって)いっちゃうんですよね(笑い)」(有路さん)

 実はヤモリには開運パワーがあると、風水師の高村実久さんが解説する。

「申年の今年は、家族運や家庭運が大きく膨らんでいます。ヤモリは“家守”とも書かれ、古くより害虫などから家を守ってくれる存在。転じて、申年に高まった家庭運を、さらにアップさせてくれるんです。ヤモリの小さなチャームなどをバッグにつけたりすれば、運気をさらにあげてくれます」

 ヤモリと同様、“爬虫類”の亀パワーにも注目だ。2011年のサマージャンボで2等1億円、2012年のドリームジャンボで1等・前後賞合わせて1億1000万円、昨年の新春運だめしくじで1等1億円と、高額当せんを連発している『亀戸駅北口宝くじ売り場』(東京・江東区)は、創業71年目の老舗売り場だ。

「開業当時はテーブルとイスを路上に置いただけの簡素な売り場だったんです。駅の利用者に手売りしていたとも聞いています」(販売員の加藤美奈子さん)

 現在は当せん実績が所狭しと張り出されたボックス型の売り場だが、その窓口の左側に飾られているのが3段重ねの「招き亀」。

「私たちは『幸運の亀の子タワシ』と呼んでいます。1996年頃、なかなか高額当せんが出ない時期が続きました。そこで当時の社長が“ずっと亀戸で商売しているんだし、亀の子タワシを置いてみよう”と考えついたんです」(加藤さん)

 「鶴は千年、亀は万年」「銭亀」と縁起物の代表格といえる亀の効果はテキメンだった。

「設置後しばらくして100万円の当せんが出ました。すると“あの亀が金運を運んできた”と噂が広まったんです。以降、購入資金や宝くじをタワシでこすって祈願していくお客さまが増えました。“タワシでこすって、金運ワタシます”ですね(笑い)」(加藤さん)

 7億円は「招き爬虫類」で!

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
宝くじの億当せん・総額21億円当たった静岡の売場に県外客も
宇部市宝くじ売場 1等続出で09年からの高額当選総額13億円
年末ジャンボ「1年おきに億当せん」の法則ある売り場が存在

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP