ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高知東生・高島礼子夫婦 格差婚ゆえの悲しき結末?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、覚せい剤逮捕された高知東生と高島礼子夫婦に見る、芸能界の格差婚事情を考察。

 * * *
 週末でワイドショーがないことと、英国のEU離脱というビッグニュースのせいで、テレビではそれほど大きく報じられていない「高知東生容疑者、覚せい剤逮捕」のニュース。

 だが、スポーツ紙の中には一面で報じるところもあったし、妻の高島礼子が7月期のテレビ朝日系ドラマ『女たちの特捜最前線』に主演することから、局と事務所サイドが対応を緊急会議したと報じるところもあった。

 芸名の「東急」が「イメージを混同される」と東急電鉄から使用差し止め訴訟を起こされたり、昨年はパーキンソン病を患う義父の介護のため、芸能活動を引退したことが話題に。つい最近では、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で「体温管理士」なる資格保持者であることが紹介されたばかりの高知東生。

 だが、そのプロフィールでもっとも太字で紹介されるのは、女優・高島礼子と「格差婚」したことだろう。

 25日(土)の『めざましどようび』(フジテレビ系)でも、VTR中「格差婚」のテロップが出され、結婚発表後、高知が「もっと大きくなる」と宣言するもようが流された。

 私は、この二人が結婚披露宴のお色直しで“着流し”で登場した場面が忘れられない。なぜ、そんな恰好を?と驚かされたが、似た者同士に見えたのも事実。趣味嗜好に、格差はなかったものと思われる。

 その後は、高知は高知なりにコンスタントに芸能活動を続けていたし、夫婦で旅番組(といってもバイク旅だが)に出演したこともあり、結婚当初の格差はやや縮まった感があった。

 だが、昨年6月、義父の介護のためとして芸能界を引退した高知は「主夫」になっているのかと思っていたら今年5月、横浜市内にエステティックサロンをオープンさせていたというではないか。

 義父の介護も懸命にやっていたのだろうし、「体温管理士」の資格も義父のために取得をしたのだとは思う。が、実業家として再スタートをしていた高知は、サロンオープンからわずか1か月ちょっとで覚せい剤取締法と大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕されたのである。

 それも33歳のクラブホステスとラブホテルで就寝中、捜査員に踏み込まれての逮捕だった。

「高島礼子ショック」と見出しをつけたスポーツ紙もあった。夫の逮捕だけでも動転するだろうが、それが覚せい剤と大麻所持の疑いで、しかも自分よりずいぶん年下のクラブホステスとラブホテルで…だ。女性として、人気女優として、プライドがずたずたに切り裂かれているに違いない。

 が、だからと言って主演ドラマの撮影予定が変わるとは考えにくい。彼女は主演女優として、座長として、共演者やスタッフ、テレビ局関係者に頭を下げて回っていることだろう。

 さて、芸能界ではこれまで何組かの格差婚夫婦がいて、その中には衝撃的な結末を迎えてしまった人たちがいる。

 いちばんに思い出されるのは大澄賢也と小柳ルミ子。

 彼女は巨額な慰謝料支払いと芸能界引退の二者択一を夫に迫り、“賢也くん”は前者を選択。巷の意見は「大澄賢也、かわいそう」が大半で、結果、小柳ルミ子は大きなイメージダウンを負った。

 ほかにも、売れっ子小説家と無名の芸人だとか、人気モデルと無名俳優、人気女優と無名俳優など、何組かの格差婚“元”夫婦の顔が浮かぶ。

 彼らの離婚理由がすべて女性問題ではないのだが、ちょっとでも別の女性の影がちらついた場合、妻側は「絶対に許せない」という気持ちになるという。

 それは、「あなた、私の稼いだお金で、何をやっているの?」と思うからに他ならない。格差婚夫婦の妻はたいてい夫より年上。だからこそ稼ぎもキャリアもあるわけなのだが、無名の夫を「私が育ててあげる」というモチベーションが“愛情”だと妻側が勘違いしてしまうのも、破綻の原因となるようだ。実際、夫が妻から精神的にも経済的にも自立しようとすると、「こんなハズじゃなかった」と別れを選ぶ“パターン”もあると聞く。

 その「自立」というのが、妻が思っていたとおりの内容ではないと「余計に腹がたつ」とも聞いたことがある。「一生、ペット的存在でいてくれたほうがいい。もっと言うなら、「ヒモならずっとヒモに徹していてくれたほうがラク」だというのである。

 夫の男性性がムクムクと膨れ上がり、経済的にも精神的にも自立しはじめ、妻のテリトリーから一歩踏み出した途端に近づいてくるのが別の女性。たいてい、その女性というのは若く、妻とは全く異なるタイプだったりもするので、「あんなに、つまらない女に走って」と、いっきに気持ちが冷めるのだそうだ。

 格差婚が長続きするためにもっとも大切なのは、結婚当初の格差がずっとそのまま保たれていること。格差婚を選んだ女性にとって、その格差こそが絶妙のバランスなのである。

 この文脈でいうと、高知・高島夫妻の場合は、夫の芸能界引退、義父の介護、体温管理士の資格取得までは良かったのだが、エステティックサロン経営=自立がマズかったのではないか。

 果たして、妻・高島礼子はどんな決断を下すのだろうか。主演ドラマ『女たちの特捜最前線』は思わぬところでタイトルを連呼されることとなってしまった。

【関連記事】
30代と高齢者の社会保障費 生涯格差は1人あたり6000万円
空港で手軽に買えて喜ばれる手土産 生七味、酒、ロールケーキ
広末涼子 子を実家に預け、キャンドル・ジュン氏追って札幌へ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP