ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地元民イチオシ!今、食べておくべき!話題の絶品「新ご当地グルメ」7選【東北】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅の大きな楽しみの一つであるグルメ。その土地ならではの食材を、一番美味しい形で味わいたいと思う方も多いはず。

そんな思いにこたえる究極のご当地グルメが誕生!じゃらんと東北各エリアがタッグを組んで、厳選食材を美味しく堪能できるメニューを作り出しました。

青森からはぷりっぷりの甘いホタテやニンニク、宮城からはメカジキや旬の野菜など、各エリアが自信を持ってオススメする7つのグルメをご紹介。

旬の素材がふんだんに使われたご当地グルメを、贅沢に味わってみませんか?

1.陸前高田ホタテとワカメの炙りしゃぶしゃぶ御膳 1350円【岩手県陸前高田市】

プリップリの甘いホタテとシャッキシャキのワカメ!

ワカメのしゃぶしゃぶはショウガの効いたダシで。葉はもちろん、茎のコリッと感もたまらない

箸を進めていくごとに変化に富んだ多様な味わいが口の中で広がる。全8品

ココがスゴイ!陸前高田のホタテ&ワカメ

三陸の海の中でもプランクトンが豊富な好漁場として知られる広田湾産のホタテとワカメには、ファンも多い。

産地ならではの濃厚な甘みに驚きを隠せないはず

陸前高田のワカメは3月~4月に旬を迎える

ホタテとワカメ。スーパーでもよく見かける食材だが産地で食す味わいは段違い!ホタテは甘みをダイレクトに味わう刺身、香ばしい炙り、歯ごたえが楽しいかき揚げで。ワカメはしゃぶしゃぶで鮮やかな色の変化を楽しもう。

MENU ルール

●メイン食材は陸前高田市の「活ホタテ」「ワカメ」ブランド米「たかたのゆめ」を使用

●「活ホタテの刺身」は活ホタテを2個使用(ヒモは1個分)し、花造りや昆布〆で提供。タレは2種類

●「活ホタテの炙り」は活ホタテを1個使用し、十文字にカット。お客様に網の上で炙っていただくスタイルとする。タレは2種類

●「活ホタテのかき揚げ」は活ホタテを1個使用し、1/4にカットする

●「ワカメのしゃぶしゃぶ」はワカメの葉50g・茎10gを使用し、お客様に鍋でしゃぶしゃぶしていただくスタイルとする。生姜を添える(しゃぶしゃぶ出汁に入れる)。タレは1種類

●「ワカメごはん」は「たかたのゆめ」を使用し、ワカメの茎の佃煮をのせる

●「ホタテ汁」は活ホタテのヒモ(1個分)を使用。お客様にワカメのしゃぶしゃぶ出汁を入れて熱々で食べていただくスタイルとする

●「香のもの」は地場産食材を使った各店こだわりの一品とする(季節により変更の場合あり)

●「ワカメデザート」はワカメを使った各店こだわりの一品とする

●協議会指定のお膳、器、箸袋を使用する 陸前高田ホタテとワカメの炙りしゃぶしゃぶ御膳

TEL/0192-54-2111(陸前高田市企画部商工観光課内)

「陸前高田ホタテとワカメの炙りしゃぶしゃぶ御膳」の詳細はこちら

~ココで食べる!~

陸丸

TEL/0192-47-3653

営業時間/11時~14時(LO13時30分)、17時~22時(ホタワカ膳提供は昼の部のみ)

定休日/不定

カフェフードバーわいわい

TEL/0192-47-4290

営業時間/11時~24時

定休日/不定

キャピタルホテル1000

TEL/0192-55-3111

営業時間/11時~14時(LO13時30分)

定休日/不定

ホテル三陽

TEL/0192-55-3050

営業時間/ホタワカ膳提供は宿泊者のみ、要問合わせ

定休日/不定

2.田子ガーリックステーキごはん 1350円【青森県田子町】

ニンニク on the ステーキで思いのままに巻いちゃって!

牛、豚、鶏の3種の肉にニンニクでパンチをプラス!匂い消しのグミも貰えるので心置きなく

巷で話題のニンニク入りコーラを筆頭に〆のデザートまでニンニク三昧!

ココがスゴイ!田子のニンニク

ニンニク国内生産量No.1の青森県の中でもトップクラスの品質と生産量を誇る田子町。その知名度は全国区だ。町中に溢れるニンニクデザインの数々にもご注目!

そのままはもちろん、加工品のバリエーションも豊富

ニンニクフルコースのメインを飾るのは、3種の肉を3種のトッピングで頂くガーリックステーキ寿司(肉巻き寿司)だ。肉の炙り加減、トッピングとの組み合わせは自由自在。9種のニンニク創作料理には新発見の味が並ぶ。

MENU ルール

●メイン食材は田子町のニンニク、牛肉・豚肉・鶏肉、米を使用

●ウエルカムドリンクに「ニンニク入りコーラ」を提供

●お膳は「9種類のニンニク創作料理」、「ガーリックステーキ寿司」、「味噌汁」とする

●「9種のニンニク創作料理」はニンニクを1個使用し和洋中の創作料理を提供

●「ガーリックステーキ寿司」は2段型寿司下駄で提供。ステーキ用の牛肉・豚肉・鶏肉は各3枚。ブランド米「ゆきこ」を使用したシャリは9貫で、上に3種のトッピングをのせる。フライドガーリックとニンニクで作ったオリジナルガリ「ザ・ガリ」をつける

●「味噌汁」は地場産の枝豆味噌を使用

●デザートは「ガーリックアイス」を提供

●会計時に匂い消しの「グミ」を提供

●協議会指定のお膳や器、箸袋を使用する 田子(たっこ)ガーリックステーキごはん

TEL/0179-20-7114(田子ニンニク料理推進協議会)

「田子ガーリックステーキごはん」の詳細はこちら

~ココで食べる!~

田子町ガーリックセンター

TEL/0179-32-3165

営業時間/9時~18時(レストランは11時~15時、土日祝は~16時)

定休日/なし

御食事処なくい

TEL/0179-32-2046

営業時間/11時~15時、17時~20時

定休日/不定

勇鮨

TEL/0179-32-2349

営業時間/17時~23時、要事前問合せ

定休日/不定

3.ミヤビリットカレー 1500円以下【宮城県全域】

宮城×ハイブリット×雅=宮城のご当地カレー誕生!

「一升瓶バー」のカレーはかき揚げで!サラダバーと持ち帰りのコーヒー付き

ミヤビリットカレー第一弾は青根温泉の「一升瓶バー」で提供する。前日までに要予約、1500円

ココがスゴイ!宮城の食材

海も山も近く幅広いご当地食材が揃う宮城県は一年中「美味いモノ」に事欠かないのが何よりの強み。また、近年評価の高いご当地米にも注目!

おいしい水と肥沃な大地が育むご当地米

季節ごとに味の濃い野菜たちが続々登場

肉、魚介、野菜に山菜とバリエーションに富んだ宮城県のご自慢食材を頂くご当地カレーがこちら。素材の旨みもダイレクトに楽しめるよう、ルーは別盛りで提供し、器や箸などどこか「和」の雰囲気を漂わせた一品だ。

MENU ルール

●宮城県産米を使用

●価格は税込1500円以下

●ご当地食材を3種類以上使用する

●朝食またはランチで提供すること

●箸とスプーンを添える

●カレールーは別盛りで提供

●つけ合わせは2種類以上

~ココで食べる!~

青根温泉 一升瓶(いっしょうびん)バー

TEL/0224-87-2405(坊源)

営業時間/10時30分~14時30分(LO14時)、21時~23時※カレー提供はランチタイムのみ

定休日/12月~3月、それ以降は不定、ランチは金曜日※その他、県内の宿を中心に随時提供予定

「一升瓶バー」の詳細はこちら

4.平内ホタテ活御膳 1200円【青森県平内町】

プリップリをとことん味わうホタテ尽くしの贅沢膳。

プルプルとした貝柱。一年中楽しめるが特に貝柱が大きいのは5月~8月だそう

ホタテ料理は計5品。これで1200円は安い!

育成ホタテ日本一の看板を掲げる平内町で誕生したのが、刺身、ステーキ、寿司、澄まし汁、アイス…とホタテ三昧のおもてなし御膳だ。活ホタテを半分は刺身、半分は焼いて感触の違いを楽しもう。町内の5店舗で食べることができる。 平内ホタテ活御膳

TEL/017-755-2118(平内ホタテ料理推進協議会)

「平内ホタテ活御膳」の詳細はこちら

5.中泊メバルの刺身と煮付け膳 1400円~【青森県中泊町】

高級魚メバルを丸っと一匹淡泊で上品な味わいが◎。

刺身7切れ、炙り3切れがのるお頭付きの姿盛り。煮付けはごはんが進む味付け

丸ごと一匹を煮付けと刺身で半身ずつ提供

シンプルな調理法は、素材力に自信がある産地ならでは。クセがなく旨みの強い刺身、適度な脂のりを活かした煮付けは、イカ刺しを載せたご飯と一緒にどうぞ。水揚げ量県内No.1だから実現できたコスパの高いご当地グルメだ。※~6月1日、9月2日~12月31日は1600円、6月2日~9月1日は1400円。 中泊メバルの刺身と煮付け膳

TEL/0173-64-2111(中泊町水産観光課内中泊メバル料理推進協議会)

「中泊メバルの刺身と煮付け膳」の詳細はこちら

6.メカしゃぶ・メカすき 1080円~【宮城県気仙沼市】

しゃぶしゃぶ?すき焼き?気仙沼の名産品を2種類で。

気仙沼産のメカジキは肉質がよいので、さっと湯に通してレア状態を楽しんで

しゃぶしゃぶはGW頃までの提供。メカすきは通年で提供

実はメカジキの水揚げ量が国内トップクラスの気仙沼。どんな料理法にも合うとされるその万能魚を、しゃぶしゃぶ・すき焼きで老若男女に愛されるよう仕上げた。現在は市内11店舗で食べることができる。※漁の状況により価格・内容に変動の可能性あり。 メカしゃぶ・メカすき

TEL/0226-25-7115(リアス観光創造プラットフォーム)

「メカしゃぶ・メカすき」の詳細はこちら

7.志津川タコしゃぶしゃぶ 3000円~【宮城県南三陸町】

噛めば噛むほど口の中に広がる甘み。

店舗によってつけ合わせやタレが異なるので食べ比べも楽しみのひとつだ

「南三陸ホテル観洋」の別注「志津川タコしゃぶしゃぶ」2~3人前3240円

志津川湾のアワビを食べて育ったタコを、薄くスライスしてお出汁にIN!コリコリ&プリプリな歯ざわりと、噛むほどに染み出る旨みは一度食べたらやみつきになること間違いなし。町内の宿泊施設で展開し、食で町を盛り上げている。 志津川タコしゃぶしゃぶ

TEL/0226-46-2442(南三陸ホテル観洋)

「志津川タコしゃぶしゃぶ」の詳細はこちら

※この記事は2016年2月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

気になる1位は…?大発表!道の駅ランキング2016【中国編】
岡崎の花火大会今年は8月6日!当日の見どころ&混雑回避技2016【愛知】
一度は行ってみたい!クチコミ高得点×絶景自慢の宿16選【関東・東北】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP