ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラプンツェルの幻想的な世界へ…♡日本で開催されるランタンフェスティバル5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」の印象的なシーンといえば、ラプンツェルの誕生日に無数のランタンを飛ばすところ。ユージーンと二人でランタンを眺めるシーンは、とってもロマンチックですよね。あのシーンに憧れた女の子も、きっと多いはず。

タイで開催される「コムローイ」がモデルとなったと言われていますが、実は日本でも幻想的なランタンを見ることができるんです!

日本で美しく幻想的な「ラプンツェル」の世界に浸ってみませんか?

 

つなん雪まつり

@ui8312が投稿した写真 – 2015 12月 25 3:20午前 PST

豪雪地・新潟の津南で行われる「つなん雪まつり」では、夜空に1,000個もの「スカイランタン」が打ち上げられます。その数の灯りが空を舞う様子は、まさに圧巻!

2012年の「第36回つなん雪まつり」で初めて、2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興の意を込めて開催されたそう。

Iruru Yasudaさん(@joruta77)が投稿した写真 – 2016 3月 12 5:20午前 PST

このつなん雪まつりでは、スノーボードストレートジャンプ大会「SNOWWAVE」も開催。自分でランタンを飛ばすには会場で配布する販売整理券、もしくは全国のコンビニ販売する「プレムアム駐車券」が必要なので忘れずにチェックしておきましょう!

■詳細情報
・名称:つなん雪まつり
・住所:新潟県中魚郡津南町秋成12300 ニュー・グリーンピア津南特設会場
・公式サイトURL:http://snowfes.info/

 

上桧木内 紙風船上げ

akane misumiさん(@mishuuu40)が投稿した写真 – 2016 2月 11 5:16午前 PST

武者絵や美人画などが描かれ、灯火をつけた巨大紙風船が打ち上げられる、100年以上の歴史をもつ年中行事。100個あまりの紙風船が打ち上げられるそうです。

@sxrx_0319が投稿した写真 – 2016 2月 12 5:19午後 PST

その起源は定かではないものの、伝説では江戸時代の科学者である平賀源内が、熱気球の原理を応用した遊びとして伝えたとされるのだとか。
■詳細情報
・名称:上桧木内の紙風船上げ
・住所:西木町紙風船広場
・アクセス:秋田内陸線上桧木内駅から徒歩7分

 

尾花沢雪まつり(山形)

@serikaminが投稿した写真 – 2016 1月 21 3:11午後 PST

2日間にわたって山形・尾花沢市で行われる「尾花沢雪まつり」でも、ラプンツェルのようなスカイランタンが打ち上げられます。2人1組で申し込み、1基200円でランタンを打ち上げることができるそう。

小野寺 香恋 ( で ら ら )さん(@ney__deraaa)が投稿した写真 – 2016 2月 13 6:57午前 PST

また開催期間中には、市内全地区で「雪灯りろうそく街道」を楽しむことができるといいます。バレンタイン企画のチョコレートファウンテンも必見!
■詳細情報
・名称:尾花沢雪まつり
・住所:尾花沢市文化体育施設 サルナート

 

サマーキャンドルナイト2016

ウラリエ ☺︎ ︎rie urashimaさん(@urarie83)が投稿した写真 – 2015 8月 27 4:13午後 PDT

大正時代から続く、歴史ある「軽井沢高原教会」で開催される「キャンドルナイト」。2,000個ものろうそく入りランタンが、中庭に置かれたりぶら下げられたりします。

natukiさん(@natuki0201)が投稿した写真 – 2015 8月 11 7:18午前 PDT

ハンドベル演奏やゴルペルコンサートも行われ、美しい光に灯されながら夏の夜を満喫することができます。また、夏以外にも四季を通して開催。
■詳細情報
・名称:サマーキャンドルナイト2016
・住所:〒389-0195 長野県軽井沢町星野
・公式サイトURL:http://candle.karuizawachurch.org/

 

雪あかりin大茅

sayuさん(@idi17syr)が投稿した写真 – 2016 4月 28 2:28午前 PDT

(画像はイメージです)

2014年から始まった、岡山の大茅で行われる「雪あかりin大茅」。雪あかりに「願い」を込めて参加者の「願い」を書いたスカイランタンが飛ばされます。

2016年には天候に影響を受けやすいスカイランタンをカバーするため、27,500球ものLEDライトも用意されました。
■詳細情報
・名称:雪あかりin大茅
・住所:岡山県英田郡西粟倉村大茅1491-2付近

 

長崎ランタンフェスティバル

Kazsan787さん(@kazsan_787)が投稿した写真 – 2016 2月 25 1:50午前 PST

中国の旧正月を祝う行事を起源とする、長崎の冬の一大風物詩。期間中には、長崎市内の中心部に約15,000個にも及ぶランタンや様々なオブジェが飾られます。

✩︎ み ゆ う さ ん ✩︎さん(@_miyuu3_)が投稿した写真 – 2016 2月 23 5:37午前 PST

中国の皇帝に扮した人を乗せた神輿も迫力満点。二胡など、中国楽器の演奏も行われ、異国の雰囲気を味わうことができます。
■詳細情報
・名称:長崎ランタンフェスティバル
・住所:長崎市各所
・アクセス:市電築町電停から、徒歩2分

 

日本でも映画の世界に浸れる♡

無数のランタンが夜空を舞っていく、あの光景。間近で見られたなら、思わず息を飲んでしまいそうです。タイのコムローイに行くのは難しい…という方は、ぜひ日本のランタンフェスティバルを楽しんでくださいね♡

関連記事リンク(外部サイト)

シドニーのオペラハウスを楽しむなら「ビビッド・シドニー」が超クール
音楽フェスに行くなら絶対に真似したい!海外セレブに習うおしゃれコーデ5選
本物のサンタさん!北欧フィンランドのサンタクロース村へ
世界最大のビールの祭典!ドイツの「オクトーバーフェスト」をご紹介

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP