ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

争奪戦必至!?現代アートの村上隆が日本酒をデザイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本を代表する現代アーティストといえば、村上隆氏。

これまでヴィトンなど名だたるブランドとコラボを果たしてきた同氏の作品は、現代アートファンならずとも目にしたことがあるのでは?

・秋田の醸造ユニットとコラボ

そんな村上氏が酒造家とタッグを組んだ、斬新な日本酒「Takashi Murakami×NEXT5」が登場しました!

花の中央にスマイルが描かれたポップな「お花」のキャラクターがあしらわれたボトル(税別3500円)は思わずコレクションしたくなる仕上がり。

限定5000本のみの製造とあって、争奪戦が予想されます!

秋田県で「次世代を見据えた酒づくり」を行う共同醸造ユニット「NEXT5」とのコラボから生まれた今回の純米大吟醸。

すっきりとして芳しい、テロワール(土地の個性)を感じるモダンなお酒に仕上がっているそうです。

・陶器ボトルは3種類

一方、陶器ボトルのバージョンは「お花」の色味を抑えたシックなデザイン。

“金レリーフ”と“白レリーフ”、白地に藍色で絵付けした“呉須”の3種類がラインナップしています。

こちらは7月2日(土)から販売される予定。

なかでも金レリーフはサイン付きとのことなので、ファンならずとも見逃せません!

販売先など詳細は、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

Kaikaikiki
http://www.kaikaikiki.co.jp/sake/

・アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP