体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

独身時代、アウトドアを楽しみたいなら4シーターオープンに乗ってみろ!

▲ルーフを開けることで景色を遮るものがなくなるオープンカー。大自然の中を走れば気持ちの盛り上がりもハンパじゃないです! ウイークポイントは積載性ですが、4シーターオープンでそれを解決できますよ!

▲ルーフを開けることで景色を遮るものがなくなるオープンカー。大自然の中を走れば気持ちの盛り上がりもハンパじゃないです! ウイークポイントは積載性ですが、4シーターオープンでそれを解決できますよ!

家族ができたら自分中心の車選びは難しい……なら独身時代に思い切った車を!

結婚して家族が増えると自分中心の車選びから子供中心、家族中心の車選びへとシフトしていきます。車の選び方は子供の年齢や人数などによっても変わりますが、この状態は子供が成人する頃まで続きます。

子供が生まれて選ぶ車が大きく変わるという感覚は、独身者にはまったく想像がつかないでしょう。でもこれは瞭然たる事実。だからこそ独身時代は今しかできない車選びで思い切り楽しんでみませんか?

さて、ここで筆者がオススメしたいのが4シーターオープンモデル。中でも個性的なルックスで人気の高いミニコンバーチブルです。特に、「休日は恋人や仲のいい友人数人と自然の中へと出かけたい」なんて楽しみ方に憧れている人に、ぜひとも注目してほしいんです。

▲アウトドアレジャーを楽しむ車でミニを勧められてもピンとこないかもしれないですね。でも荷物さえ積めれば、開放感抜群でアウトドアにはぴったりなんです!

▲アウトドアレジャーを楽しむ車でミニを勧められてもピンとこないかもしれないですね。でも荷物さえ積めれば、開放感抜群でアウトドアにはぴったりなんです!

アウトドアといえばSUVやミニバン、ステーションワゴンを選びがちですが、それじゃあ周りと一緒でつまらない! しかも、こういった車は家族ができてからでも所有できるので、ちょっとハードル高めのオープンカーをオススメしたいんです。

オープンカーの魅力は、ルーフを全開にすることで、街にいたら絶対に味わえない開放感と心地よさを堪能できること。木漏れ日溢れる山の中の道、青い空が広がる海沿いの道。ルーフという風と景色を遮るものがない状態で走るのは異次元の感覚です。

アウトドアレジャーはたくさんの道具が必要? いや、そうでもないんです

とはいえ、オープンカーじゃキャンプなんかに行く荷物が入らないんじゃ? と心配した方もいるでしょう。では実際、あなたはどれくらいのキャンプ道具を持っていますか? おそらく、SUVやミニバンで満載になるほどの道具は持っていないはずです。独身者だとそれだけの道具を揃えるのは金銭的にも厳しいですし、一人暮らしだと道具を置いておく場所もないでしょう。

キャンプを楽しむときは無意識のうちにレンタル品が充実している高規格キャンプ場をチョイスすることが多いはず。そういった場所なら、そんなにたくさんの荷物はいらないのでオープンカーでも十分なんです。また、子供が生まれるとどうしても荷物が多くなってしまうので、オープンカーに荷物を積み込むのはなかなか難しくなります。やはり、オープンカーでアウトドアというのは独身のうちの特権なんです。

▲ちなみに筆者はミニより一回り小さいフィアット 500Cに乗っています。上の写真は3人で1泊のフェスに行ったときの積載状態。後方視界を確保しつつ後部座席にも人が乗れるだけの余裕があります

▲ちなみに筆者はミニより一回り小さいフィアット 500Cに乗っています。上の写真は3人で1泊のフェスに行ったときの積載状態。後方視界を確保しつつ後部座席にも人が乗れるだけの余裕があります

▲荷室から見ると荷物はギュウギュウですが、大きなものはルーフを開けて上から積めるので案外楽ですよ
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy