ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

余ったビールで、料理を美味しくする「3つの小ワザ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。

01. 
お肉を漬け込んで
柔らかく!

まずは基本ワザから。

調理前にお肉を1~2時間ほど、浸るくらいの量のビールに漬け込みましょう。ビールの炭酸や有機酸がタンパク質を分解し柔らかくしてくれるため、安いお肉でも柔らかくジューシーに仕上がりますよ。

02. 
サクサクのてんぷら衣
決め手は炭酸に!?

天ぷらをサクッと仕上げるのにも余ったビールが大活躍します。

天ぷら粉を溶く冷たい水の半分をビールにするだけ。本当に小ワザです。ビールの炭酸が衣の中に空洞を作るので、その空洞から食材の水分が抜け、サクサクの衣に揚がるというわけです。さらに、衣にビールの旨味成分も加わり美味しさもUP!

03. 

ちょっと足すだけで
煮込み料理に深みが!

煮込み料理に使用すれば、深みのある味わいに。お肉はトロトロに仕上がります。特にトマト煮込みやカレーなどにオススメです。使用量の目安は、煮込むために使用する水分の1/2~1/3程度。入れすぎると苦味と甘味が際立つので注意しつつ、お好みで調整してください。

いかがでしたか?余ったビールを使うだけで、いつものメニューをグレードアップできるなんて最高ですよね。ビールの美味しい季節。家で飲む機会が多い人は、ぜひ試してみてくださいね。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。