ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国に先駆け待機児童ゼロ掲げた杉並区の施策 区長見解

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 待機児童の数は減っていない…改めて待機児童の数が“高止まり”していることが浮き彫りになった。読売新聞の調査によると、回答した全国の主要自治体68市区での待機児童数は今年4月の時点で8458人で、減るどころか、439人(5.5%)増えていた(6月6日付朝刊)。

 朝日新聞でも、回答を寄せた80自治体には1万3991人の待機児童がいると報じられた(6月11日付朝刊)。この数は前年4月に比べて654人(4.5%)減少したものの、やはり数としては多い。東京23区に限れば526人(10.9%)増えて、5358人が保育所の空きを待つ状態になっている。

 この待機児童問題を放っておいていい、と表立って主張している政党はなく、いかに解消するか、その具体的な方策こそが、7月に行われる参議院選挙と東京都知事選挙の大きな争点となるはずだ。

 安倍政権はこの問題を解決しようと、約50万人分の“保育の受け皿”を確保し、2017年度末には待機児童をゼロにするという方針を掲げた。5月に発表した「1億総活躍プラン」では、保育人材の確保を目指し、2017年度から保育士の給与を月額2%(約6000円)アップさせるのに加え、保育技術の高いベテラン保育士には、最高で月額4万円プラスする方向で調整するとしている。

 それに対して野党は、金額が不充分だなどと声を上げている。確かにこうした施策により、保育に携わる人の増加は見込めるかもしれない。しかし現在、待機児童問題はこれとはまったく別の大きな壁に直面している。

 それは、保育園建設反対の声。周辺住民から「子供の声がうるさい」などと反対運動が起こり、建設計画が中止に追い込まれる事態が各地で起きているのは本誌でも既に報じた通り。

 その結果が冒頭で示した待機児童数の“高止まり”を生んでいる一因といえるが、ここに来て、その対立がいよいよ抜き差しならぬところに及んでいることがわかった。

「2017年度末までに待機児童ゼロを目指す」と安倍政権。そのかけ声の足元では住民の分断が起きている。働く母親たちの願いは届くのか。

 自治体も今の状況に手をこまねいているばかりでは決してない。さまざまな方法で保育所の新設を試みている。

 たとえば東京・目黒区では、区庁舎の駐車場の一部を保育所として、来春の開所を目指している。臨海部にタワーマンションが建ち並んで人口が増えている東京・中央区では、JR東京駅前に2021年に完成する予定の再開発ビルに、80人規模の保育施設を作るとしている。そういったなか、東京・杉並区が打ち出した新たな策が、区の施設・用地の保育施設への転用だった。

 杉並区は3月、自転車集積所や区民会館など4施設を認可保育所などとして利用して、1079人規模の整備を行うと発表。それでも追いつかず、4月に待機児童の数が前年比の3倍増の136人となったことを受けて「すぎなみ保育緊急事態宣言」を発表し、来年4月にはその待機児童ゼロを達成すると宣言した。

 さらに、その後、そうした対策を行っても来年4月時点で560人超の待機児童が出る見込みとなったため、緊急対策第2弾として区内の11か所を認可保育所用地に転じることを決めた。これらによって、受け入れる児童の数は2000人以上増やすことができるという。

 前述のように安倍政権が「待機児童ゼロ」を目指すのは2017年度末。一方、杉並区が目指すのは2017年4月。杉並区は国に1年先駆けたゼロ達成を掲げたわけだ。杉並区の田中良区長は思い切った施策をとった理由をこう語る。

「来年度だけではなく、再来年度以降を見据えると、当初の対策だけでは560人きっかりの定員を確保するのでは不充分でした。少人数を保育できる施設をたくさん作るのも、コストを考えると非効率的。ですから、100人規模の認可保育所を複数作る、そのための一定の規模の土地を確保するということを進めていこうとしているのです。待機児童をゼロにするためには、今すぐ着手しなければ、取り返しのつかないことになります」

 住宅が建ち並び、東京23区で6番目に人口が多い杉並区ではこれまで、認可保育所が増えない時期が続いていた。1999年から2010年までの12年間で、増えた認可保育所はわずか1か所。その分を、保育士の配置基準などが認可保育所ほど厳しくなく、ビルやマンションの一室でも営める認可外保育所が補ってきた。

 これは杉並区だけの話ではない。都内では、認証保育所など自治体独自の基準を満たせば運営できる認可外保育施設を後押しし、そういった施設を利用する子供は待機児童として数えず、見かけの待機児童数を減らすということが行われてきた。

 つまり、根本的な解決がなされないまま、待機児童の問題は放置されてきたということだ。

「それはしかし、間違った方針でした。少子化が進んでいることもあり、保育所への需要はやがてなくなっていくだろうという誤った認識が、職員のなかにもありました」

 田中区長はそう語り、これまで問題解決が先送りされていたことを率直に認めた。一昨年、任期が2期目に入った田中区長にとって、この問題は避けて通れないと語る。

「出産して子育てしながら働きたいと思っている女性の最大のネックは保育です。これは、自治体が優先して解決すべき課題です」

 杉並区は昨年度、新たに13か所の認可保育所の設立を目指していたが、実現したのは約半分の7か所だけ。ネックとなったのは土地の確保だ。それを乗り越えるために掲げた方針が、前述のように区有地を使い、業者ではなく区が前面に立って、周辺住民との折衝にも当たるというものだった。

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
待機児童問題の基本「認可保育所」「認証保育所」の違いとは
2.5万人と言われている待機児童数 潜在数は85万人との推計
株式会社が保育所運営できないのは「営利目的で危ないから」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。