ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テッペン獲ってやるで! ジャニーズWEST7人に聞いた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大阪・あべのハルカスの屋上で「テッペン獲ったるで~!」と宣言してから2年。デビュー当時は関西を中心に活動していたグループも、各々がドラマ、舞台、バラエティーにと全国区で活躍し始めた。

 今年は事務所の先輩でもある嵐の『嵐のワクワク学校 2016~毎日がもっと輝く5つの自由研究~ 』に助手役として参加するなど、飛躍への下準備を着々と進めている。それでもテッペンはまだ遥か遠いところにあるという7人の話を聞いてきた。

 中間淳太(28才)はこう語る。

「ぼくらがいちばん世間に認知されたのは『VS嵐』(フジテレビ系)に出演してから。全国放送で初めてしゃべらせていただき、キャラが浸透したことは嬉しかったですね。年末の歌番組で松本潤くんが『またなんかWESTとやりたいね』と言ってくれたんです。こんなに早く実現するなんて思っていなかったので、ワクワク学校に出させていただけることは本当に嬉しいです」

 濵田崇裕(27才)は舞台での経験が生きているという。

「舞台に出て以来、男に磨きがかかりました(笑い)。座長をやらせていただいたんですが、自分を生かせた舞台になったと思っています。変に不器用なので、力を入れなければいけないところを間違えて体を壊したり、コントロールがきかないところもありましたが、大変だっただけに、今後、自分の糧になるような経験になったと思います」

 さらに、桐山照史(26才)は個人の活動をチームに生かしたいという。

「連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)で榮三郎役を演じて「ジャニーズなの?」って驚かれることも多かったですね。個人の仕事して気持ち良く終わるだけでは意味がない、WESTに持ち帰ってほかのメンバーに目を向けてもらわないといけないと思うので、幅広い年代の人からジャニーズWESTの存在を知ってもらうことを目標に頑張ります」

 重岡大毅(23才)は私生活についてこんなふうに教えてくれた。

「1年くらい前に「あんたの部屋寂しいから」って母がエアープランツを買ってきて、勝手に置いていったんです。最初のうちは自分で霧噴きかけて、そのうち母がやるようになり、今ではほったらかし。生き物は大切に育てようと思ったのに、それが最近できないようになり反省の日々です」

 自分の変化を感じているのは、藤井流星(22才)だ。

「デビューしてから自分の中でモチベーションが変わり、それ以来維持しています。無駄に格好もつけたくないし、等身大の自分を見せていきたいと日々思っています。まだデビューして2年目で1合目を過ぎ、2合目に向かっているのかもわからないけれど、ありのままの自分で次への目標に向かっていきたいです」

 常にテッペンを意識しているという、神山智洋(22才)は意欲を語る。

「自分に自信を持っていこうと思えるようになったのはまだここ数か月。誰ともかぶらない、新しいジャンルを作りたいと思っています。今はまだテッペンが見えない状態だけど、登ってみないと見えない景色も広がっているはずだから、それを見るために登り続けて行こうと思っています」

 最年少、小瀧 望(19才)は最近の活躍をこう振り返る。

「ドラマで嵐の大野くんと共演させていただいて、いろんなかたに認知してもらえるようになった気がします。大野くんは真剣に演じていてカットがかかった瞬間『てへへへ』っていつもの姿に戻るのがすごいなぁと思って見させていただきました。ドラマをたくさんの人に見ていただいているのも実感できるし、本当にありがたいです」

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
新作発表のジャニーズWEST 「東京でもテッペン獲ったるで~」
ジャニーズ・ワールド出演の平野紫耀、永瀬廉、高橋海人の抱負
ジャニーズJr.ふぉ~ゆ~ 錦織一清演出舞台主演で「光栄」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP