ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【兵庫】神戸どうぶつ王国でインコとふれあい幸せいっぱい!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日々、どうしようもない疲労とストレスを抱えている、我々現代社会人。

こんなにしんどいのに、休まずやれなんて無理ってもんです!
でも、凝りに凝り固まったこの疲労感、ただ家で寝転がってるだけじゃ、ひとかけらも落ちやしない。

ここは一つ、動物さんたちの力を借りちゃいましょう!

というわけで今紹介するのは、兵庫県は神戸市の名物動物園『神戸どうぶつ王国』(旧名 神戸花鳥園)。
ここの特色はなんと言っても、動物さんたちとの距離が非常に近いこと!
触れちゃう、餌があげられちゃうぐらいまで、動物さんたちに近づくことができちゃうのです。


ものすごい勢いで青菜にかぶりつくリクガメ。

そんな神戸どうぶつ園でも一際人気のコーナーが、「コンタクトパロッツ」。なんと、多種多様なインコやオウムたちと、間近でふれあえるのです! 犬や猫よりも愛情が深く、仕草も愛くるしいインコ。その魅力を存分に堪能できちゃいます!

インコ大好きな筆者、これは是非とも入らにゃならんということで、男一人という気まずさもなんのその、潜入して参りました!

やはりこの魅力を文章で伝えきることは、未熟な私の力では難しいので、ここはインコさんたちの画像をご覧いただきましょう!


早速筆者の手に止まってきたズアカハネナガインコ。好奇心旺盛で、しゃべるのが得意らしい。

受付のお姉さんから餌(粟玉)をもらって二重扉を開くと、さっそくバサバサと、綺麗なグリーンをしたインコが右手に止まり、持っていた餌をついばみはじめました。

それに感激するヒマもなく、頭上にズシリと重み。中型のインコが頭の上に乗ったんです。ここのインコたちは、こちらが餌を持っていると自分から寄ってきてくれる、とっても賢い子たちなんですね。


手にのせた餌を食べるシロハラインコ。インコなのに犬のような仕草が大変かわいらしく、人気が高い。ちなみにこの子はこのコーナーの中でも一番元気なんだとか。

入場料は300円。これは園内の入場料(1000円)と別なのでご注意を。時間は基本的に決まってはいないようですが、混雑している時は時間制限が設けられる場合もあります。


筆者の手を一生懸命上がってきたのはコザクラインコ。別名「ラブバード」とも呼ばれる、人なつっこさには定評のある種類。

室内は大体12畳ほどの空間で、そこでインコさんたちが放し飼いにされています。頭上に止まり木がありますが、なるべくその上で立ち止まらないように! 「お土産」をもらってしまいますよ。


ホオミドリアカオウロコインコの餌を横から食べようとしているのは、人気ペットのオカメインコ。この後、ウロコインコに怒られてすごすごと退散。

もらった餌が無くなってしまった場合は、中にあるガチャガチャで追加購入が必要です(100円)。うかうかしていると他のインコさんがやってきて一匹で全部食べてしまうので、お目当てのインコさんの前で見せびらかすようにガチャガチャを開けるようにしましょう。きっと、自分からあなたの手の上にやってきてくれます。


コーナー内でもっとも大きなモモイロインコ。知能が大変高く、「バイバイ」ができる。でも、噛む力が強いので、触るのは禁止。

これは事前に注意されることですが、モモイロインコに触りたい時は、係の人に言いましょう。このインコさんは噛む力が非常に強いので、思わぬケガをしてしまうことがあるからです。自分から噛みに来ることは決してありませんが、何分臆病な性格なので、知らない人にはびっくりしてしまうんですね。


仲良く寄り添って眠るコザクラインコ。

室内では、足元に気を付けること。そして出ていく時に両肩と頭を確認すること。インコさんが止まっている状態で外へ出ちゃうことになります。


サザナミインコのつがい。この二匹は常に一緒。

以上、神戸どうぶつ王国の大人気コーナー「コンタクトパロッツ」のご紹介でした。

インコが大好きな方も、インコを飼ったことがない方も、是非足を運んでみてください! 心が幸せになっちゃうこと、間違いなし!

神戸どうぶつ王国(旧名:神戸花鳥園)

住所:兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9
TEL:078-302-8899
営業時間:10:00~17:00(入園締切16:30)
     土日祝 10:00~17:30(入園締切17:00)
定休日:木曜日
入園料:大人(中学生以上) 1500円
    小学生 800円
    幼稚園 300円

最寄駅 神戸ポートライナー「京コンピューター前」駅徒歩0分

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: lazeengine) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP