ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原のデカ盛りはフレスカこそ至高!異論は認めない! @『アンジェリーフレスカ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

秋葉原に引っ越しして数ヶ月、ガジェット通信編集部も秋葉原色に染まって来た予感で御座います。

というわけでガジェット通信がお送りする”秋葉原制覇”もボチボチ進んでいるのですが、あえて言おう!

「秋葉原はデカ盛りを避けて通れない!」

今のところ、さしてデカ盛りメニューに挑戦していないのは、筆者(YELLOW)の体調を考慮した上での自主規制であると言っておきましょう。

しかし!

秋葉原にはデカ盛りの店が多いので、遅かれ早かれ挑戦する運命なので諦める事も時には必要かと存じます。

秋葉原でデカ盛りと言えば『アンジェリーフレスカ』である!

というわけで、秋葉原のデカ盛りをレポートするに当たって、どの店が一番なのか歴史を踏まえて考慮した結果、やはりソコは『アンジェリーフレスカ』から紹介するのが妥当ではないかという結論に至った筆者です。

異論は認めません。

ちなみに『アンジェリーフレスカ』がいつ頃オープンしたのか軽く調べたら、一説によると1966年頃との表記もあります。

つまり!

秋葉原のデカ盛りを語るなら、この『アンジェリーフレスカ』から始めるのが秋葉原への敬意の表れなのです。

ランチタイムの長い『アンジェリーフレスカ』

この『アンジェリーフレスカ』は一部のメニューを除いて、ランチタイムは”大盛り”が無料で御座います。

しかも!

ランチタイムの設定は“11:30~16:00”までと長いので、誰にでもワンチャンスある感じなのが嬉しいですね。

というわけで、筆者もお得な時間帯に作戦を敢行する事が出来ました。

秋葉原の店員さんは外国籍の方が多い件の是非

とりあえず食べるならパスタ系と考えていたので、さしてメニューを悩む必要はなかったので、階段を降りてマッハで店内にログインします。

筆者「ベーコンとキノコのカルボナーラ下さい。」

店員「……。」

筆者「……。」

店員「……。」

筆者「……大盛りで。」

店員「カシコマリマシタ」

どんだけ訓練された店員なのでしょうか? 筆者の体型を見て大盛り以外は認めないとか、かなり上位クラスの店員であると確信した筆者に緊張が走ります。

まずは先行するサラダ、スープ、アイスコーヒーを頂いて時を待ちます。

サラダは普通。

スープも普通。

アイスコーヒーも普通。

「ペコちゃん……どうした?」

限りなく平凡な展開に絵が持ちませんが、店内のお洒落な空間にある“ペコちゃん人形”が微妙にホラーなのは否めません。

『ベーコンとキノコのカルボナーラ』を食す!

はい、というわけで件のカルボナーラ大盛りで御座います。

まあ、こうなる事は分かっていたので言う必要はないのですが、あえて言おう!

「1キロくらい、あるんじゃね?」

厳密には900グラム前後らしいのですが、まあ厨房も多国籍な感じなので盛りに関してもアバウトなのは想像出来ます。

しかし!

コチラも食レポに関しては自称ベテランなので、この程度の盛りでいちいちギャーギャー騒いでいるような素人ではありません。

若干、『アンジェリーフレスカ』に来る直前に『岡むら屋』の『デラ肉めし』と『かつ宗』の『牛かつ黒カリー』を完食してきたばかりなのが不安ですが、このくらいは完食出来る自信があります。

何気に美味いぞ!『アンジェリーフレスカ』

あまりパスタ系の食レポをやらないのは、ぶっちゃけ「パスタなら自分で作ってもいいかな?」みたいなのもあります。

無論、筆者が作るよりも美味しいパスタは世間にはナンボでもありますが、こと“デカ盛り系パスタ”であれば、負ける気がしません。

しかし!

この『アンジェリーフレスカ』の『ベーコンとキノコのカルボナーラ』に関しては、なかなか美味しゅう御座います。

ベーコンもちょいちょい入っているので、かなりの麺量ですが美味しく食べ進む事が出来ます。

若干、さすがにパスタの茹で加減とかアレなんですけど、まあそこら辺はコッチ系の“スパゲッティー”と言う事で許容範囲かと存じます。

食べても食べても減らない件の是非

そして!

こうなる事も分かっていたのですが、食べても食べても減る気配がありません……。

これが『アンジェリーフレスカ』の大盛りって奴でしょうか?

すでに自称プロの余裕は1mmも残っておらず、完食出来るか出来ないかの狭間を彷徨い始めました。

最後のバゲットが旨し!

と、言いながらも完食で御座います。

2食やっつけてからの『アンジェリーフレスカ』で大盛りをサラっと食すとか、ちょっとドヤっても良いんじゃないでしょうか?

そして『アンジェリーフレスカ』で最後のお楽しみ、バゲットを使ってカルボナーラのソースを頂きます。

ご馳走様でした!

『アンジェリーフレスカ』

“早い、安い、旨い”の代表格と呼べる『アンジェリーフレスカ』の『ベーコンとキノコのカルボナーラ』(1050円)に満足した筆者でした。

むしろ、満足し過ぎてこの日の取材はココで終了のお知らせで御座います……。

この手のデカ盛りパスタは往々にして味はイマイチな事が多いのですが、この『アンジェリーフレスカ』ならオススメで御座います。

最後まで美味しく頂ける貴重なデカ盛りパスタである事を、改めて再確認した筆者です。

というわけで、筆者もイチオシの『アンジェリーフレスカ』に、是非みなさんも訪れてみて下さい。

『アンジェリーフレスカ』

住所:東京都千代田区外神田1-15-2 半田ビルB1F

営業時間 11:30~22:00
定休日:元旦

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。