ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の日差しから肌と髪を守る日焼け・UV対策6選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジメジメとした梅雨が終われば夏本場。みなさんは日焼け止め対策していますか?そこで今回は、野外フェスやレジャーの日差しから肌や髪を守るための対策をご紹介します。

 

1、まとめ髪でお洒落に賢くUVケア!

photo by shutterstock

肌と一緒で髪や頭皮も夏の紫外線にさらされています。

ロングヘアの特権‘‘まとめ髪”。色んなアレンジ方法があるので、個性が出せますね。紫外線が当たる表面積がぐっと狭くなるので、綺麗な状態を保てる上に、海風でなびいてベタつくなんてこともありません。

 

2、通気性の良いハットを採用!

photo by shutterstock

ハットを被るのは頭部に当たる日差しを遮断する簡単な方法です。普段からファッションに取り入れているあなたも、そうではないあなたも、フェスのオープンな雰囲気に任せて挑戦してみては?

 

3、頭皮を清潔にし過ぎないで!

photo by shutterstock

驚かれる人もいますよね。これは、朝シャンを避けてほしいということです。頭皮の脂はバリアの役目を果たしてくれます。

寝る前の洗髪に汚れを落としきれば、起床時の頭皮は程よい潤いが保たれています。外気や紫外線から守ってくれる救世主を落とさないことをオススメします。

 

4、UVスプレー、ヘアケア用品の活用!

photo by shutterstock

ドラッグストアやコスメカウンターで簡単に手に入るスプレータイプの日焼け止め用品。そのほとんどが、肌はもちろん実は髪にも使えるもの。

自分にピッタリの使用感が得られるモノを探してみるといいかも!ただし、ベタつきが気になるものも多いので見極めが大事です。

 

さらに馴染み深いものならば、UVケア効果のあるトリートメントやスタイリング剤があります。こちらは、お値段が張るものが多いのでお財布と相談で。

これらを使う上で大事なのは、その日のうちにしっかり洗い落とすこと!正しい使用方法で一度試してみては?

 

5、植物オイルは日焼けを防ぐ!

photo by shutterstock

天然植物オイルにも紫外線予防効果があるのをご存知ですか?

長時間の対策は難しいですが、こまめに塗ればお肌にも優しく、負担はかかりません。また日焼け止めクリームの下にオイルを塗ることで肌を守ることもでき、日焼けをしてしまった時のケアもできる優れものです。

 

6、やっぱりリキッドタイプの日焼け止め!

photo by shutterstock

日焼け対策ならやっぱり定番のリキッドタイプ

今は肌にも優しいタイプも多く、SPFが高ければより紫外線から肌を守ってくれます。また水に強く、海やプールはこれ1つあれば夏の日差しも怖くありません。

 

DHCで夏の対策をしよう!

日焼け対策の商品が充実しているDHC。特にオススメなのが、DHCオリーブバージンオイルです。オリーブの恵みが肌を守る、天然100%のオーガニック美容オイルはボディにも髪にも使えます。

DHCオリーブバージンオイル(通常価格  ¥3,620)

DHC商品を愛用中の、TABIPPOメンバーのはるなちゃん♡DHCオリーブバージンオイルはメンバーの間でも好評です!

 

今年の夏はDHCで日焼け止め対策をして、夏のレジャーに出掛けましょう!

関連記事リンク(外部サイト)

タイのフルムーンパーティが5月21日(土)に開催!社会人向けのプランを考えてみた
8月に開催される関東の大型フェス5選
7月に日本各地で開催される音楽フェス3選
遂に日本初上陸!世界一美しいフェス「SENSATION」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。