ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野菜をたっぷり食べられる夏の定番「ラタトゥイユ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さまざまな夏野菜のうまみと甘みが詰まった南フランスの家庭料理ラタトゥイユ。できたての熱々はもちろん、キリッと冷やすとさらに美味しくて、この時期の常備おかずにしたい一品です。作るのが簡単で野菜がたっぷり食べられるのも嬉しいですね。さらにご飯やトーストに乗せたり、パスタのソースにしたりとアレンジも簡単でレパートリーも広がります。

●野菜の水分だけで煮込んで味を凝縮

シンプルラタトゥイユのレシピ | 料理サプリ

水を使わずに野菜の水分だけで蒸し煮にすることで、素材の甘味がしっかり凝縮されます。シンプルながら夏野菜の美味しさを堪能できるレシピです。

●煮込まずに炒めるだけのお手軽レシピ

なすとトマトのラタトゥイユ風炒めのレシピ | 料理サプリ

野菜を煮込む時間がないという人にオススメな時短レシピがこちら。あっという間に作れてご飯のおかずにもぴったり。

●温泉卵を乗せて見た目も華やかに

オーブンで仕上げるラタトゥイユ 温泉卵のせのレシピ | 料理サプリ

オーブンでじっくり火を入れることで素材の味を引き出します。温泉卵を乗せて美味しさだけでなく、見た目も華やかに!

ところでラタトゥイユと同じように野菜をトマトで煮るカポナータというイタリア料理があります。その違いをご存知ですか? ふたつの料理の違いには諸説ありますが、基本的にカポナータには味付けとして白ワインビネガーを加えることが大きな違いといえるでしょう。またナスは揚げたり、砂糖を加えて甘酢っぽい仕上がりにしたりすることも多いようです。そんなカポナータのおすすめレシピは神保佳永シェフの「いろいろ野菜のカポナータ」。酸味が爽やかな一品ですので、こちらもぜひお試しください。

いろいろ野菜のカポナータのレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

たっぷり作って常備しておきたい夏のマリネレシピ
田んぼで踊る芸人??「味噌田楽」の意外な由来
伊達巻のルーツはロールケーキだった?

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP