ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅行太りを回避! 旅先で太らない食べ方とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

その土地ならではの味覚は、旅行の楽しみの一つでもあります。とはいえ、ガイドブックを片手に「あれも、これも」と次から次へと手を伸ばすのは、ちょっとキケン! 

できることなら旅行中も体重を増やさず、ご当地グルメを満喫したいものです。米医療サイトなどを参考に、旅行太り回避のコツをお伝えします。

■あわせて読みたい
必見!食べ放題やビュッフェで太らない食べ方
http://tabizine.jp/2015/05/22/36751/

「食物繊維」を意識する

旅行中は食生活が不規則になりがちです。「普段は快調なのに、旅行中は便秘がち」という方もいらっしゃるのでは? 便秘が続くと太りやすくなるだけでなく、代謝が悪くなるのでお肌にもよくありません。それに下半身がスッキリしないと、気分もどんより・・・。

ヨーグルトや納豆などの発酵食品、食物繊維たっぷりの野菜や果物などを意識的に摂るよう心がけてみましょう。お腹がスッキリすれば、旅行中の食事もよりおいしくいただけるはずです。

朝食はワンプレートで済ませる

普段と比べて、旅行中のランチや夕食はボリュームが増えることが予想されます。朝食は、炭水化物を少なめにしてワンプレートで済ませるようにするのがポイント。和食の場合は、ご飯をお代わりせずになるべく一膳で済ませるようにしたいですね。

夜食の誘惑に打ち勝つ!

旅行中は夜更かしをすることも多いものです。遅くまで起きていると、夜食を食べに出かけたくなったり、日中に買ったお菓子に手を伸ばしてしまう・・・なんてことも。睡眠中の血糖値が高いと、過剰な糖質が脂肪になって体に溜め込まれるそうですから、夕食後は何も食べないようにするのが一番です。口さみしく感じるときには、糖分を含まないドリンクを飲むようにしてみては? 

ビュッフェに行ったら「ご当地グルメ」から

想像以上にたくさんの量を食べてしまいやすいのが、ご存知のビュッフェです。お腹いっぱいなのに「もう少し食べられる」「元を取らなくちゃ」など、欲望に負けてしまいやすいもの。旅行太りしないためにもビュッフェは避けるのが無難ですが、ホテルの食事がビュッフェということも考えられます。

そこで、旅先でビュッフェに足を運んだ際のポイントは、どこの店でも食べられるピザやアイスクリームといったものを避けて、味わってみたかったご当地メニューから手をつけていくようにすること。また、何度も取りに行くのはやめて、なるべく1回で済ませるようにすると食べ過ぎ防止になります。

最後に「食べたら、歩く」を意識するのも、旅行太りを回避するためのコツのひとつ。「昼食後、デザートを食べにカフェへ」といった予定を組むのではなく、食間は町歩きや歴史巡り、ビーチなど体を動かすプランを組むのもポイントです。これらを頭の隅に置きつつ、夏の旅行を満喫しましょう!

■あわせて読みたい
必見!食べ放題やビュッフェで太らない食べ方
http://tabizine.jp/2015/05/22/36751/

[Health]
[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP