ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

常夏の国でアドベンチャーコブ・ウォーターパークを楽しもう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo Credit:Teramoto Itsuki 「初めてのアジア。マレーシアとシンガポール2カ国周遊旅行②

みなさん、こんにちは!Compathy Magazineライターの眞田舞です。
シンガポールでの主な観光スポットといえば、マリーナ・ベイ・サンズ、マーライオン、アラブ・ストリートなどを思い出す人が多いのではないでしょうか。ユニバーサルスタジオ・シンガポールと同じセントーサ島には、もう一つAdventure Cove Waterpark(アドベンチャーコブ・ウォーターパーク)というアミューズメントパークがあります。こちらはウォーターパークになっており、波の出るプールやスライダー等を楽しむことができるのです。

「シンガポールに来てまでプール?」と思われるかもしれませんが、一年中夏のシンガポールだからこそ、どの時期に来ても楽しむことができるスポットになっています。

今回はこちらのウォーターパークの基本情報とおすすめアトラクションについて、ご紹介します。

基本情報

ウォーターパークはセントーサ島のWaterfront Station(ウォーターフロント・ステーション)というS.E.A. Aquariumやユニバーサルスタジオ・シンガポールがある駅にあります。

パーク内は6つのスライダーと7つのメインアトラクションで構成されており、レストランや軽食を売っている売店もあります。ほとんどのアトラクションは無料で楽しむことができますが、エイと戯れることのできるプールは有料(S$20)なのでご注意を!

大きな浮き輪や、4〜5サイズ展開のライフジャケット(大人用・子供用の両方)が無料で借りられる家族連れには嬉しいサービスもあります。パーク内には何箇所か無料で使えるビーチベッドや椅子などが設置してありますが、早い者勝ちになっているので一番最初に取った人が荷物などを置いてそのまま終日使用するケースが多いです。必要な方は朝早く行くことをおすすめします。

Photo Credit:Erika Anne Nagaoke「【シンガポール】マーライオンセントーサ島女子旅

おすすめアトラクション

1.RIPTIDE ROCKET(リップタイド・ロケット)

東南アジア初のハイドロマグネティックコースターとなるのがこのアトラクション! 通常のスライダーは上から下に下っていきますが、このスライダーは急降下急上昇があり、とてもスリリングです。スライダーが坂を上昇する新しい感覚をぜひ楽しんでください。パークの中では一番人気のスライダーとなり、混雑も一番です。朝一番の挑戦をおすすめします!

2.RAINBOW REEF(レインボー・リーフ)

2万匹以上の熱帯魚がいるプールでシュノーケリング体験ができます。シュノーケルとライフジャケットを入り口で借りた後は、シャワーを浴びたりインストラクターの説明を聞いたりします。このプールだけは海水なので、水が冷たいのでご注意を! でも泳いでいるうちは冷たさも忘れるくらいたくさんのカラフルな熱帯魚を見ることができます。

3.BIG WAVE(ビッグ・ウェーブ)

だいたい10分おきに汽笛が鳴り、それが大波の起きる合図です。大波と書いてある通り、かなりの荒波が襲ってきます! お子様はもちろんですが、大人の方も泳ぎに自信のない方はライフジャケットを着用したほうがよさそうです。

Photo Credit: Maya Ranjan「Adventure Cove Waterpark

日本はもうすぐ梅雨の時期ですが、シンガポールも雨季の季節。いつもよりも湿気が多く、体にまとわりつく暑さ不快に感じることが多いです。そんな時期ですが、シンガポールに訪れる方はぜひこの機会にウォーターパークで思いっきり水と戯れて暑さを忘れてみてください!

ライター:眞田舞
Compahtyでシンガポール・観光スポットの旅行記を見てみましょう。
Tkya「観光するならココ!シンガポールのおすすめスポット
Misa「食べ歩き in Singapore\(^^)/
Kazure Kitajima「SINGAPORE ②

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP