ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トップ営業マン 売る秘訣はNHKアナと同じ速さのトーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 経済的な成功者は、様々な場面で相手を説得している。その際の喋り方も特徴がある。背景には心理学を熟知している点がある。大手不動産販売会社で全国でも有数の好成績をあげている営業マンが、その手の内を明かす。

「声のトーンを低くして、小声で話すと相手がより耳を傾けてくれます。話すスピードは1分間で380文字前後を心がけます。これはNHKのアナウンサーが話すスピードと同じ程度で、心理学的に耳に心地良いスピード感だといわれています。

 400字詰め原稿用紙に書いた文章を、1分間で読み終える訓練をすれば、誰だって人の心に届き、お金を掴む喋り方ができると思います」

 心理学を理解していれば、自分を騙そうとしている人の手口も見抜ける。怪しい投資話や無駄な出費も避けられる。

※週刊ポスト2016年7月1日号

【関連記事】
実際の能力以上に評価されるポジティブ・ハロー効果
聴衆を惹きつける名スピーチ「前置き・真ん中・結び」の法則
「Yes, we can.」など名スピーチの陰にスピン・ドクターあり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP