ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イチロー、朝カレーやめてもユンケル継続で晩酌は解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日米通算最多安打を達成しイチロー(42才)。日米通算4257安打を達成し、ピート・ローズが持つ記録を超えた。記録を塗り替えられたローズは「日本プロ野球はメジャーと同レベルではない」などと批判的な持論を展開している点でも注目が集まっている。米メディアでもイチローの功績を称える声もあれば、ローズと同じような見解を示すものもある。しかし、これも大記録ゆえ。これまでの実績を重ねてきたイチローの意外な「秘密」について関係者らに聞いた。

◆秘密1:飲食店で出された水は飲まない主義

「イチローは毎朝カレーを食べている」というのは有名な話だが、それはもう過去の話。朝カレーをやめてからは「食パンとそうめん」を食べ続けていたことを雑誌のインタビューで語っている。

「基本的に、メニューは同じです。遠征先でも、ランチをとるレストランはイタリアンや日本食レストランなど、決まった店があります。それがイチローのリズムなのです。また、レストランで出された水は飲まないとも決めています」(メジャー担当記者)

 されど、水なのだ。

◆秘密2:試合前のユンケルは今も欠かさない

 朝カレーはやめても、続けているのが試合前のユンケル。「ユンケルを販売する佐藤製薬のCMに出続けているのは有名ですが、義理堅く続けているのもイチローらしいと言えます」(スポーツライターの友成那智さん)

◆秘密3:ビール好きで、シーズン中も“解禁”

 イチローはメジャーに移籍してから数年間、お酒はシーズンオフにしか飲まない生活を送ってきた。しかし最近は、晩酌を解禁。主にビールを飲み、ワインも好むという。

◆秘密4:腰痛を機に新スパイクに変更

 42才のイチローは今季、周囲の予想を超えた活躍をみせている。それを支えているのが、新しいスパイクだ。

「今年、長年愛用してきたアシックスのものから、体重移動もスイングもスムーズになるという『ビモロ』という日本のブランドのものに変更しました。昨年、腰痛で欠場することが増えた時期に、新しいものを探していたようです」(在米ジャーナリスト)

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
ニッチロー イチロー快挙祝福「負けないパフォーマンスしたい」
福本豊氏「脚力と年齢は関係ない」とイチロー脚力低下を否定
斎藤佑樹 イチローとおそろいのウインドブレーカーは8925円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP