ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誕生50周年のパーマン 「辞表書いた」などのトリビア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 平凡な小学生の男の子がある日、空き地で会った宇宙人・バードマンからパーマンセットをもらって、超人的な力を身につける。時には街の小さな事件を解決して、時には水爆を宇宙で爆発させて地球の平和を守っていく…。

 誰もが知っている人気漫画『パーマン』(藤子・F・不二雄)は1966年、小学館の学年誌で連載が始まった。今年で生誕50周年を迎える。パーマンのメンバーをおさらいしてみると、

●パーマン1号=11才の小学生・須羽みつ夫。どこにでもいる普通の子供。

●パーマン2号=ブービー。チンパンジーの子供。バナナが大好きで人間の言葉を理解できる。

●パーマン3号=連載開始当初、正体不明だったが、後に人気アイドル星野スミレ(11才)と判明した。愛称はパー子。

●パーマン4号=大山法善。関西人で運送会社経営。愛称はパーやん。

 こうして改めて見ると、意外と知らない事実が多いのではないか。誕生50周年という長い歴史に埋もれたパーマントリビアをいくつかどうぞ。

◆1回しか描かれなかったパーマンセット
 1966年12月号の『小学三~四年生』の新連載第1回では、パーマンマスクが現在とかなり違ったデザインになっている。1月号の第2回からは、現在のデザインに変更された。

◆パーマン同士で飛ぶと速さが倍になる
 パーマン同士が手をつないだり、前の人の足をつかんだりして飛ぶと速度が倍になる。アニメでは「パータッチ」と呼ばれる。2人なら2倍、3人なら4倍、4人なら8倍で、なんと時速952km。ジャンボジェットと同じくらいの速さ。

◆正体が知られたら動物に変えられてしまう
 パーマン仲間以外には、正体を知られてはいけない。バードマンの細胞変換銃で動物に変身させられる。ちなみにブービーは、他の動物に変えられる。

◆みつ夫はパーマンセットを1000円で貸したことがある
 クラスメートには、「パーマンとは友達」と話しているみつ夫。友達の三重晴三(みえはるぞう)にお願いされて、1000円でパーマンセットを貸した。パーマンセットは三重くんから悪者に奪われて一大事になる。

◆ブービーは、動物園から老夫婦のペットに設定が変わった
 チンパンジーのブービーは連載当初、動物園にいる設定だった。1968年に一旦連載を終了してから約15年の期間を経て、1983年に『コロコロコミック』などでの連載再開時に老夫婦のペットという設定に変わった。

◆最終回は、バード星にみつ夫が留学する
 4人のパーマンの中から、日本代表のパーマンとしてみつ夫が選ばれて、バード星に世界各国の代表パーマンと一緒に留学する。ちなみにバード星は、ケンタウルス座のプロキシマという星。地球から4.3光年。

◆飛行速度は時速91kmから119kmにアップ
 連載当初は時速91kmだったが、1983年のカラーアニメ化時に時速119kmにスピードアップ。地方で起きた事件をスピーディーに解決できるようにしたためだそう。

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
ウルトラマンを授業の教材に使う教師が正義について考えた書
ピザにはちみつをかけるのはチーズとの相性抜群で意外に合う
殺処分0目指した動物愛護センターの10年間の活動を追った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。