ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ASAHIKAWA DESIGN WEEK」が今年もスタート!家具も、建築も、クラフトも旭川で探そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

建築家・田根剛氏の特別インスタレーションも

2016年6月22日(水)から26日(日)まで、北海道・旭川の「旭川家具センター」をメイン会場として「ASAHIKAWA DESIGN WEEK 2016」が開催されています。

「旭川家具産地展」から「ASAHIKAWA DESIGN WEEK」へとリニューアルして2回目となる本開催。「FOCUS あさひかわでさがそう。」をコンセプトに、家具だけでなくものづくりの街として進化している旭川の今を示すイベントが多数用意されています。

参加各社の工場やショールームでは、各社が趣向を凝らしたファクトリーツアーや新作展などを開催。北海道の食材を使ったおもてなしフードが用意されている会場もあり、毎年来場者の舌を楽しませています。

各社の新作家具が揃うメイン会場では、世界的な建築家・田根剛氏によるインスタレーションを展示。インテリア・デザイン業界のビジネスパーソンはもちろん、一般来場者も楽しめる内容が充実しているのが大きな特徴です。

また、期間中は世界的な椅子研究家・織田憲嗣氏のコレクションによる特別展示が旭川市内の「チェアーズギャラリー」にて開催されており、Hans J Wegner(ハンス・J・ウェグナー)やBorge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)、Finn Juhl(フィン・ユール)といった往年の名作が揃う圧巻のコレクションをゆっくり鑑賞できます。

目印は青いADW(ASAHIKAWA DESIGN WEEK)のフラッグ。一大家具産地のダイナミズムをぜひ現地で体感ください。

各社で実施されるファクトリーツアー。家具製作の現場を間近に見ることができます。

メイン会場の旭川家具センターでは、メーカーの方と直接会話しながら家具を選ぶことができます。

デザイナーとのコラボレーションしたモデルなど、各社の注目の新作が披露されます。

家具はもちろん、木工クラフトも多数展開。メイン会場の旭川家具センターでは49メーカー・団体の製品が見られます。

ASAHIKAWA DESIGN WEEK 2016

会期:2016年6月22日(水)~26日(日)

会場:旭川家具センター

旭川市東川町、東神楽町の各メーカー、工房、ショップ、ショールーム他

入場料:無料

木工産地旭川の初夏の展示会

会場:旭川家具センター、各ショールーム

参加企業:アーリー・タイムス アルファ / 明石木工製作所 / アルフレックス ジャパン / いさみや / インテリアナス / インテリア北匠工房 / ウッドパーツ / ウッドワーク / エフ・ドライブデザイン / オークラ / ガージーカームワークス / 加藤木工 / 河本家具工業 / カンディハウス / 北の住まい設計社 / 木と暮らしの工房 / GOOD DOGWOOD / クリエイトファニチャー / 工房ペッカー / 工房まみあな / 工房宮地 / 古径コスモ / コサイン / さいとうデザイン工房 / さくら工芸 / ササキ工芸 / ソファー工舎 / 大雪木工 / タイム アンド スタイル / 匠工芸 / ファイングレーン / プランリビング / フレスコ / 北嶺工匠 / 宮田産業 / むう工房 / メーベルトーコー / 山岡木材工業 / 山室木工 / よしの工芸 / ルートにし / ワカサ / ドリーミィーパーソン / 旭川・家具工房連 / ウサミ木工 / 滝澤ベニア / 山上木工 / 北海道立総合研究所機構 森林研究本部 林山試験場 / FunitureCity Shimokawa

各社オープンファクトリー

各工房での工場紹介、おもてなしフードメニューもあり

会場:参加各社の工場

建築家 田根剛氏のスペシャルインスタレーション

会場:旭川家具センター

椅子研究家・織田憲嗣氏のコレクションによる「北欧デザインと暮らし」をテーマとした特別企画展

開館:10:00~18:00

会場:チェアーズギャラリー/旭川市宮下通11丁目 旧川上倉庫

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

限定品も! 瀬戸物数百点を集めた「青山陶器市」
約170年前の製品から最新作まで! Gebrüder Thonet Vienna社のアーカイブ展、開催
作家・工房12組が参加、1日限りの「ワイス・ワイス オープンマーケット」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP