ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

限定品も! 瀬戸物数百点を集めた「青山陶器市」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

限定品均一価格コーナーも展開

2016年6月23日(木)から7月5日(火)まで、東京・青山の「産地ゴト Gallery coto mono michi at TOKYO」にて「青山陶器市」が開催されています。

今回は陶器の産地・愛知県瀬戸市を取り上げ、窯元や作家による作品数100点を紹介。日常使いできるカトラリーレスト、カップ、お皿、インテリア小物など多彩なアイテムが揃います。

さらに、青山陶器市限定のスペシャルアイテムや500~5000円の均一価格コーナー、ワケあり品を集めた掘り出し市など、探す楽しみのある特別企画も用意されています。

同じ瀬戸地域でも、作陶技法や器の種類、作家ごとの個性など、実に様々な陶器があることに気づくはず。この機会に、新しい瀬戸物を暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか。

青山陶器市

会期:2016年6月23日(木)~7月5日(火) 11:00~20:00 ※最終日~17:00

会場:coco mono michi at TOKYO(コト・モノ・ミチ)/東京都港区南青山青山フレックスA

参加作家:穴山大輔(翠窯)、加藤達伸(三峰園窯)、柳本美帆ほか

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

「ASAHIKAWA DESIGN WEEK」が今年もスタート!家具も、建築も、クラフトも旭川で探そう
約170年前の製品から最新作まで! Gebrüder Thonet Vienna社のアーカイブ展、開催
作家・工房12組が参加、1日限りの「ワイス・ワイス オープンマーケット」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP