ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元タトゥーアーティストが描く、とろけそうな「ハイパーリアル」11枚

DATE:
  • ガジェット通信を≫

写真と見分けがつかないほど「ハイパーリアリズム」な絵を描く、ドイツ人アーティストMike Dargas。

その技術もさることながら、経歴もなかなか興味深いんです。小さい頃から絵がうまく、幼稚園を卒業する頃には油絵を描き始めていたというMike。11歳のときにケルン大聖堂の前で作品を展示していたところ評判となり、美術学校の大人クラスに子供ながら唯一受け入れられたんだとか。

正規の「入学」ではないものの、当時からその才能は光っていたようです。

20代前半は
タトゥーアーティストとして
アワードも受賞

現在33歳のMike。「これまで、ちゃんと美術を学んだことはないんだ」と言いながらも、20代の前半はタトゥーアーティストとして名を馳せ、その活躍は賞の受賞で助成金を受けるほどだったとか。「アーティストになるって決めるまで、14年くらいタトゥースタジオをやっていたんだ」。

ダリ、カラヴァッジョの
影響を受けて・・・

その後、ダリやカラヴァッジョ、H・R・ギーガーなどの影響を受け、活動内容をシュールレアリスムや、リアリズムへフォーカス。

現在の、まるでスナップショットのようなアート作品作りへと繋がってるそう。








boredpanda」のインタビューによれば、「まるで写真のようにリアルなエフェクトの、カラーグラデーションや光の反射が好きなんだ」とか。

彼のInstagramFacebookもチェックしてみては?

Licensed material used with permission by MIKE DARGAS STUDIO
Reference:boredpanda

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。