ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蔦谷好位置「心意気さえあればできる」就活生にエール

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜ー木曜23時30分からの番組「THE HANGOUT」(木曜ナビゲーター:蔦谷好位置)のワンコーナー「SOCIAL RESEARCH」。今月は「就活応援企画」でお送りしていますが、中でも木曜は「音楽業界で働く人たちがどうやって今の職業に就いたのか」をテーマに、音楽業界人をスタジオに招いてお話を伺っています。

6月23日のオンエアでは、origami PRODUCTIONS代表取締役・対馬さんにゲストに来ていただきました!

まずは、「音楽をやっている人はもちろん知っていると思いますけど…」と蔦谷が語る、origami PRODUCTIONSとはどんな会社なのか聞いてみました。

「音楽って、シンガーとか歌っている人が表に出ているんですけども、うちは今のところプレイヤーがメインで所属してるんですね。なので音楽番組でも、後ろに演奏するうちのアーティストがいたり。蔦谷さんのようにプロデューサーとしても活動していたり。本人たちも、アルバムを作ったり、ソロ活動したり自分のやりたいことをしています。『レコードレーベル、マネジメント事務所の2つの機能を1つにまとめたクリエイターチーム』のようなイメージですね」

と話してくれた対馬さん。大学を卒業してから広告代理店に入りますが、「音楽が好きでとにかく音楽業界に入りたかった」ということで、中途でビクターに入社し、洋楽を担当。宣伝も担当されていたのでJ-WAVEにもよく来て、海外のアーティストをプロモーションしていたそうです。

対馬さんは現在42歳、会社を立ち上げたのが32歳とき。「10年間やっていて辛いことはありますか?」という蔦谷からの質問に「あんまり辛いと思ってはないですね、ただ、めんどくさいことは多いですよ」との回答。

その点は普通の会社と同じで、経理面など面倒なことは多いそうですが、それを聞き「お金のこととかは確かにね…お金払ってくれない人もいますしね…」と、誰に対してかチクリとしたことを言う蔦谷でした(笑)。

最後に、蔦谷が「音楽業界に入りたいっていう人、多いと思うんですけど、『メジャーだけじゃなくてこういった活動をしているところもあるんだぞ』というのがわかったのが、ためになったと思います」と告げると、対馬さんも「自分自身もメジャーにいて、インディーズもやって…これで生活してるのって、僕の隣に住んでいる人はきっと不思議だと思うんですよね。でも、『あるんだよ』というか、そういうものも成り立っているというのは、僕らもどんどん広めていきたいですね」と想いを語ってくれました。

これを聞き蔦谷も、「心意気があればできるんだぞ、というのが伝わったと思います」と話し、「踏みとどまっていないで、やりたいことあったらやってほしいですね!」とエールを送りました。

6月は「就活応援企画」ということで、宇野常寛、川田十夢、大宮エリー、蔦谷好位置の各曜日ナビゲーターがそれぞれの視点で向き合っています。いよいよ次週が最終週ですので、ぜひ「THE HANGOUT」オフィシャルサイトやツイッターからご参加ください♪

【関連サイト】
「THE HANGOUT」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/hangout/

音楽業界、入りたいなら正攻法ではなく裏ルート!?(2016年06月11日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1735.html

SKY-HI 音楽業界は「グレー」とフォロー(2016年06月18日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/sky-hi.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP