ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カーティス・ブロウ、DJクール・ハークらによる Netflixオリジナルドラマ『ゲットダウン』の場面写真が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 グランドマスター・フラッシュ、DJクール・ハーク、アフリカ・バンバータ、カーティス・ブロウが参加するNetflix『ゲットダウン』の場面写真が公開された。

 本作は、70年代後半のニューヨークを舞台にヒップホップの誕生を描いたオリジナルドラマ。ディスコシーンが全盛期を迎え、マンハッタンのライブハウスで誕生したばかりのパンクロックが鳴り響く中、サウスブロンクスで誕生したヒップホップ。波乱に満ちた環境の中、若者たちが生み出したヒップホップは、やがて世界に広がり現在のミュージック・シーンに大きな影響を与えることとなる。

 全13話のクリエイティブの監修および第一話の監督とエグゼクティブ・プロデューサーを務めたのは『ロミオ+ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』『華麗なるギャツビー』など、数々のヒット作を生み出してきた巨匠バズ・ラーマン監督。さらに、Nasが劇中で使用されるラップのライミングを書き下ろし、マイケル・ジャクソンやマドンナの振付師として知られるRich & Tone兄弟がダンスの振り付けを担当している。70年代のスニーカーやジーンズも各メーカーの協力のもと復刻されるなど、最先端のプロが当時をリスペクトして作り出すこだわりの音楽、ダンス、ファッションに注目したい。

◎Netflixオリジナルドラマ『ゲットダウン』特別映像
https://youtu.be/-cEuNHFaS4c
全13話
2016年8月12日(金)より全世界同時オンラインストリーミング開始

関連記事リンク(外部サイト)

ブロンド・レッドヘッド、90年代よりNYアート・ロックを担い続ける重鎮が8月来日決定
フォール・アウト・ボーイとミッシー・エリオットが『ゴーストバスターズ』最新作のためにテーマ曲をリメイク
カルヴィン・ハリス リアーナとのコラボ新曲MVが公開1週間で再生回数4,000万回超え

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP