体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出発前に必見!キューバの物価に関する知識まとめ

Photo credit:Tomoka Aono「毎歩毎秒ココロときめくキューバの地方都市:サンタクララ・シエンフエゴス・トリニダー」

Photo credit:Tomoka Aono「毎歩毎秒ココロときめくキューバの地方都市:サンタクララ・シエンフエゴス・トリニダー

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回は社会主義国家キューバの物価についてお伝えします。キューバでは世界でも珍しくなった社会主義体制が続いています。その分、物価のイメージがなかなか湧きにくいのではないでしょうか。この記事を読めば、キューバの物価に対するイメージがつくと思います。

食事について

旅行中、一番気になるのは食費ではないでしょうか。キューバは大きく2つのレストランにカテゴライズできます。一つ目は地元の人向けのレストラン。例えば、サンドイッチだと25円~50円、豆ご飯とお肉のセットだと約150円です。

もう一つは外国人向けのレストラン。こちらは欧米でよく見られる本格的な仕様です。その代わり値段が高く、小ピザで380円、パスタが約650円となります。それでも日本と比べると食費は安く済みそうですね。

地元の人向けのレストラン

サンドイッチ:25円~50円
豆ご飯とお肉のセット:約150円
オムレツバーガー:60円
スムージー:12円
アイス:4円~12円 
コーヒー:4円

外国人向けのレストラン

小ピザ:380円
パスタ:約650円~
ドリンク・魚料理・デザート・コーヒー:約1,700円
ロブスター:約1,250円
国産ビール:約160円 
Photo credit:Naoya Hata「価値観揺さぶられる国、キューバ」

Photo credit:Naoya Hata「価値観揺さぶられる国、キューバ

交通費について

次に交通費を見てみましょう。ハバナから他の街へ移動する際は「ビアスール」と呼ばれるバスに乗ります。「ビスアール」はハバナからバラデロまでがCUC10(約1,050円)、ハバナからサンティアゴ・デ・クーバまでがCUC51(約5,400円)となります。市内の移動は路線バスが主役です。キューバの路線バスの特徴はとにかく安いこと。路線バスは一回の乗車がたったの0.05CUC(約5円)です。なお、乗り合いタクシーは市内の移動で約50円ほど。

ビアスール

ハバナ~バラデロ:1,050円
バラデロ~トリニダー:2,100円
トリニダー~サンティアゴ・デ・クーバ:約3,500円
ハバナ~サンティアゴ・デ・クーバ:約5,400円

観光について

キューバでは博物館の入場料に幅があります。だいたい、3CUC~5CUC(約315円~525円)の間に設定されていることがほとんど。博物館に入館する際に気をつけたいのがカメラ。博物館でカメラ撮影をする場合は、追加料金がかかってきます。追加料金が5CUC(約525円)もかかるところもあります。キューバで博物館を訪れる際は写真よりも、目に焼き付けておくことが賢明でしょう。無料の観光スポットとうまく組み合わせたいところです。

入場料

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。