ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

学生さんのリクエストした料理が芋づる式に増えた店「つくしのこ」で常連メニューを味わう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お店の料理を、常連さんならではの頼み方で注文できたとき、

その店の仲間入りをしたのだとうれしくなる、メシ通レポーターの裸電球です。

今回ご紹介するお店は、北海道大学の学生さんたちが暮らす界隈、

地下鉄・北18条駅の近くにお店を構える「つくしのこ」です。

たらふく食べて飲んでも、数千円という安さが魅力のお店には、

常連さんの名前がついた摩訶不思議なメニューが数多くあります。

「月岡オムレツ」に「三浦ネギ」。

もうメニューだけではなんのことやら。

今夜はなんだか、楽しい予感がします。

安く飲める酒場が多いエリア

地下鉄さっぽろ駅から2駅。北18条は、北海道大学に通う学生さんが多いエリアです。

そのため、安くてボリュームのある飲食店が目立ちます。

今回ご紹介する「つくしのこ」は、先代のお母さんの代から営業する老舗の居酒屋さん。

多くの学生さんが人生初の「常連」となり、社会へと飛び立っていきました。

どうですかこの感じ。

一見さんはなかなか迷い込めない店構えです。

「つくしのこ」は2代目店主のご夫婦が経営されて、まもなく5年目。

以前は「つくしん坊」という名前で、名物お母さんが切り盛りしていました。

広い小上がりです。

仕切りや目隠しは一切なく、ここにワシャワシャと学生さんが集います。

いい雰囲気ですね。

筆者、裸電球も大学時代はよく飲んだものです。

謎のメニューがズラリ

これはすごいぞ。

何のことか、さっぱりわからないメニューがズラリです。

「石橋焼」はおそらく石橋さんでしょうか。

厚揚げのピザ、なるほど、なるほど。

「手づくり平山ナン」う〜ん、謎です。

「杉田焼」は(豆腐)とものすごく少ないヒント。

こうなってくると、「きむちチャーハン」が「きむらチャーハン」に見えますし、

「大豆の兄弟」も個人名なんじゃないかと疑心暗鬼状態です。

30年以上、この店舗の2階で営業されていた先代のお母さん。

元気でチャキチャキ、大学の教授が飲みに来た時でも、ペシペシ叩くそうです。

今は週に1回ほど、息子さんが継いだお店を手伝っています。

数多くの学生さんから「第二の母」と慕われており、

常連さんの好きな食材を使って料理を作ったことをきっかけに、

俺も、俺もと、個人名のついたメニューが増えていったそうです。

現在もメニューは増えていますが、誰でも名前を残せるというわけではありません。

数年に1度、出るか出ないかのレベルだそうです。

お店に通う頻度、使った金額、さらには人柄など、

色々な部分を審査され、名前がメニューに刻まれるのです。

ちなみに、最新作は「大野ラー油の油そば」

大野君、やったね!

それでは名前メニューを食べてみますか

▲晋太郎焼450円

こんにゃくに鶏肉、上にはチーズとたっぷりのネギ、「晋太郎焼」です。

もちろんのことですが、晋太郎さんがどんな人なのか、全く知りません。

初めまして。

すごいですね、晋太郎さん。

今はどこで、どんなお仕事をされているのでしょう。

もともと、鶏肉とこんにゃくを炒めた料理はあったものの、

晋太郎さんが「辛くして」とうるさかったため、このメニューができたそうです。

シンプルなエピソードが最高です。

「ピロパン」ですって。

もう、何が登場するのか想像すらできません。

このあたりは是非お店でお楽しみください。

当時はお金のない学生さんでも、

北海道大学は著名な文化人や社長さんを多く輩出する学校です。

出世して、部下たちを引き連れて凱旋する人も多いんだとか。

▲つくし風 油淋鶏 500円

大きなお肉がゴロゴロの「つくし風 油淋鶏」です。

この料理もグループで取り分けてちょうどいい量、

一人では食べきれないかもしれません。甘辛いタレが絶妙です。

学生さんが奪い合うように食べている姿を、カウンターのOBが見ていて、

ご馳走することもあるんだとか。

焼酎の余ったボトルを、

「誰でもいいから学生さんに飲ませてくれ」と置いていく常連さんもいるそうです。

息子さんご夫婦が引き継いだ「人情」

「つくしのこ」の國枝夫婦です。

まだ社会経験の浅い、学生さんたちは飲み慣れていないことがほとんど。

そんな学生さんに対して、時に優しく、時に厳しく「人情」を持って接します。

その姿は、まるで先代のお母さんが若いころの「つくしん坊」のようだと、

涙を流す常連さんもいるそうです。

また、奥様はアルバイトさんと勘違いされ、旦那さんの目の前でお客さんから口説かれることも。

つくしのこの名物風景です。

ただ引き継いだだけでなく、お店のオリジナルも誕生しました。

今では、このお店を語るうえでの看板メニュー。

「すだち酎の青ラベル1,600円」と、「赤ラベル1,800円」です。

お酒の醸造メーカーと作った、完全オリジナル商品で、

開発に8カ月を要した渾身の1本だそうです。

なんとスペルが間違っているではありませんか!

「スペシャル タンクス」になっています。

ラベルを制作した業者さんが間違っていたのを、完成後、常連さんが発見しました。

すぐに修正できるのですが、話のタネに、今もそのまま使用しています。

最後に不動の人気メニュー

新旧の常連さんに愛される「米米チーズ 450円」です。

「米米」と書いて、「よねよね」と読みます。

炒めたご飯の上にたっぷりチーズ、

そしてケチャップに玉子がポイントのお料理です。

これ、〆にも最高ですよ。

ということで大満足の「つくしのこ」でした。

カウンターではOBが、小上がりでは現役の学生さんが、

何やら熱い話をしています。

「就職決まったよ」「上司と喧嘩したよ」「企画が採用されたよ」

いくつになっても、この店の暖簾をくぐると、

学生時代にタイムスリップするのかもしれません。

筆者、裸電球も目標ができましたよ。

「裸電球のピカピカ点灯焼 450円」がメニューになるように、

何度も通いたいと思います!

お店情報

つくしのこ

住所:北海道札幌市北区北17条西4丁目1-32 カネサビル1階

電話番号:011-717-7713

営業時間:17:30~5:30

定休日:月曜日

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。


書いた人:

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

関連記事リンク(外部サイト)

ロングセラーだけど新しい!? 福岡の“冷やし麺”と言えば「ちんめん」ったい!
ラーメン激戦地・中野区で人気の油そば「六伍郎」。元人気お笑い芸人の店主が語る“人生の第2ラウンド”
特A米や白いごはんを食べ比べ! 恵比寿「米福」で至福の炊き立てごはん体験

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP