体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタディサプリ一流講師が提案! 圧倒的に効率がいい!夏休み受験勉強法【関正生先生】

この夏、受験勉強をはじめる高校3年生のきみ。よ~し!受験勉強始めるぞ!!!と意気込んだそのあと、何からはじめました??きみが選んだその1歩目、もしかしたらちょーーっと効率悪いかも…。時間が限られている受験生だからこそ、効率よく勉強をしてほしい。そんな想いから、放課後版編集部は長年受験生を応援し続けてきたスタディサプリの一流講師陣に、夏休みの40日間を使って効率よく受験勉強をする方法を教えてもらいに行ってきました。第1回は英語の関先生です。勉強法に迷っている人、必見です!

過去問は、10月20日から!夏はまず、基礎を固めよ!!!

(要するに) 最初の10日で文法を終わらせる 残りの30日は精読(英文解釈)に費やす 単語は〝1ヶ月1000単語暗記法〟でマスター!

最初の10日をどう使うかで勝負が決まる!

Q.ズバリ、高3の夏休みの40日間をどう使うのがよいでしょうか?

受験生の夏なら、文法はさっさと終わらせて、少しでも早く長文読解に入ったほうがいい。とはいえ、長文を解けるようになるには当然に文法が必要です。だからこそ、夏休みの最初の10日で文法はすべて終わらせるべきです。スタディサプリを使ってやるなら、7月5日くらいから始めて夏休みが始まる前の7月20日くらいまでには全24講座を終わらせるのが究極の理想。夏休み前に終わらなかったとしても、夏休み初日から10日間で文法が終われば、予備校1年分の勉強が完成する。文法だけでいうと、夏休みにやることはこれだけ。あとは、週に1回くらいのメンテナンス(テキストの復習と文法の問題集)をしていけばいい。

1文1文を正しく読む!

Q.10日で英文法の勉強を終えたら、次は何に時間を使えばいいでしょうか?

次は精読(英文解釈)ですね。1文1文を正確に訳せる力をつけるべき。文法の勉強が終わると長文に行きたくなると思うんだけど、これが間違い。精読をやらずに長文を読むことは、練習しないまま練習試合をするようなもの。当たり前だけど、ゆっくり読めないものを早く読めるわけがない。秋に速読ができない、(長文読解の)時間が足りないという人が多くいるんですけど、その原因は夏の精読の足りなさ。文法が終わったなら、残りの夏の時間のすべてを精読に使ってほしいですね。


過去問は10月20日から!19日までに受験勉強を終えろ!

Q.では、センター対策や過去問はいつから始めるべきでしょうか?

夏休みにはやらなくていい。教師が10人いたら9人は夏のうちにセンターや過去問をやりなさいっていうと思う。だから僕の意見は多数決では負ける。けど、ここからちょっと論理で考えてほしい。夏のタイミングで過去問をやったところで、単語がわからないのか、文法がわからないのか、長文が読めないのか、読めたけど設問が解けないのか、勘違いしただけなのか、時間が足りないだけなのか…つまり原因分析ができないんです。おそらく過去問も10年分くらいやれば一時的に点数は上がる。ただ、それだと合格レベルには絶対達しない。基礎力がついてないと、過去問はやる意味ないからね。僕の講師として20年の経験から、過去問を始めるのは10月20日からでいい。遅くないか?と感じる人もいるかもしれないけど、裏を返せば10月19日までに受験勉強を一通り終わらせないといけないわけだから、結構キツいと思いますよ。

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy