ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田原俊彦の新曲がオリコンDLチャート1位 握手会で神対応も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 朝4時から並んだファンも大満足のミニライブ、握手会となった──。歌手・田原俊彦(55)が6月21日、東京・池袋のサンシャイン噴水広場で、72枚目のシングル『ときめきに嘘をつく』の発売記念イベントを開催した。定刻通り、夕方6時に颯爽と登場した田原は『ラブ・シュプール』『シャワーな気分』という1980年代前半のヒット曲を披露。広場を隅から隅まで所狭しと動き回り、2階、3階、4階の観客にも手を振って盛り上げた。

 ファンとのコール&レスポンスもバッチリ決まり、『シャワーな気分』のラストでは立った状態から両膝を内側に折り畳み、ストンと地面に着地する技を魅せ、会場を沸かせた。囲み会見で、37年目を迎えての決意を聞かれると、こう答えた。

「継続は大切だと思っていますし、ホント山あり谷ありの36年でしたけども、僕は毎年、コンサート、ディナーショーを欠かさずにやってきた。やっぱり、この年齢になっても、当時の曲をそのキーで、そのダンスで魅せられるように頑張っていきたい」

 この日のミニライブは短い時間だったこともあってか、ダンスのキレもいつも以上に増しており、当時のままどころか、以前にはなかった動きまで加えて踊りまくった。不安視されがちな声量も、この日は声の伸びを感じさせた。

 新曲『ときめきに嘘をつく』は、CDに先駆けて配信されたオリコンのダウンロードチャートで週間1位を獲得(6月1日~7日付)。フジテレビ系ドラマ『教師びんびん物語II』の主題歌『ごめんよ涙』と同じ作詞・松井五郎氏、作曲・都志見隆氏というゴールデンコンビが担当した同曲では、ダンサー4人を従え、ストリートダンスを華麗に魅せ、ファンからはアンコールが起こるほど盛り上がった。約17分のミニライブを、少しでも近くで観るために朝4時から並んだファンもいれば、学校帰りの男子中学生や女子中学生のグループもいた。

 握手会では、ファンの手を取ってフラダンスを軽く踊ったり、子供と一緒にムーンウォークをしたりするなどサービス満点の対応を見せた。1人1人とじっくり握手をし過ぎたため、時間が押し、最後のほうは田原にしては幾分早足で終えざるを得なくほどのサービスぶりだった。

 握手会が終了すると、用意された机を自ら片付けるお約束のパフォーマンスで盛り上げた後、新曲『ときめきに嘘をつく』の1番をもう一度熱唱。ファンからのアンコールに答える形となった。2番になると、時間がなくなったためか、マイクを逆さにして歌うマネをして笑わせた。ファンの1人はこう話す。

「トシちゃんはライブ中だけでなく、握手会の間もずっとパフォーマンスをしてくれるから目が離せないんです。ライブと同じ2時間ずっと楽しませてくれました。『神対応』とはまさにトシちゃんのためにある言葉なのかなと思いました」

 規定の20時までをピッタリ使い切った田原は、ファンの大声援に送られて、会場を後にした。
ミニライブも握手会も大盛況
【関連記事】
田原俊彦 握手会でダンスをしながらファンに声をかける神対応
田原俊彦LIVEに元CHA-CHA木野がバックダンサーとして復活
田原俊彦 松田聖子との「チューだけ」発言の裏に爆笑問題?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。