体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅行初心者必見!カナダの電圧・コンセント情報まとめ

旅行初心者必見!カナダの電圧・コンセント情報まとめ Photo credit:Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント」

Photo credit:Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

海外旅行ビギナーにとって、盲点となるのは電圧ではないでしょうか。今回はカナダの電圧について解説したいと思います。

カナダのプラグ形状に関して

カナダのプラグ形状はラッキーなことに日本と同じA型です。そのため、プラグの変換ツールを持っていく必要はありません。ある程度の変圧をカバーできる機械でしたら、そのまま使用することができます。なお、カナダのプラグをじっくりと観察すると、プラグの間に穴が空いています。これは大電流の機械を使う際に用いるアース用の穴です。日常的なものを使うのであれば、無視して構いません。

カナダの電圧に関して

次にカナダの電圧を確認しておきましょう。カナダの電圧は110V~120Vで日本よりも少し高くなっています。パソコンやスマホなどの機械のアダプターは世界対応(100V~240V)ですので、そのまま使用可能です。一方、その他の日本製の機械は短時間なら使用できますが、きちんと変圧器を持っていくことをオススメします。万が一、火事でも起こしたら大変ですからね。リスクを少しでも減らしておきましょう。

周波数について

意外と見落としがちなのが電気の周波数ではないでしょうか。カナダの周波数を説明する前に、そもそも日本の周波数はご存知ですか?  日本の周波数は西日本が60Hz、東日本は50Hzです。日本の機械は全国対応ですので、50Hz、60Hzどちらでも使用できます。カナダの周波数は60Hzです。つまり、西日本と同じ周波数ですので、周波数に限定すれば日本の機械をそのまま使用することができます。
Photo credit:Shadypalm88 at the English language Wikipedia(Own Work) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/)], via Wikimedia Commons

Photo credit:Shadypalm88 at the English language Wikipedia(Own Work) [GFDL or CC-BY-SA-3.0 ], via Wikimedia Commons

カナダのコンセント穴に関して

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。