ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅行初心者必見!カナダの電圧・コンセント情報まとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit:Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

海外旅行ビギナーにとって、盲点となるのは電圧ではないでしょうか。今回はカナダの電圧について解説したいと思います。

カナダのプラグ形状に関して

カナダのプラグ形状はラッキーなことに日本と同じA型です。そのため、プラグの変換ツールを持っていく必要はありません。ある程度の変圧をカバーできる機械でしたら、そのまま使用することができます。なお、カナダのプラグをじっくりと観察すると、プラグの間に穴が空いています。これは大電流の機械を使う際に用いるアース用の穴です。日常的なものを使うのであれば、無視して構いません。

カナダの電圧に関して

次にカナダの電圧を確認しておきましょう。カナダの電圧は110V~120Vで日本よりも少し高くなっています。パソコンやスマホなどの機械のアダプターは世界対応(100V~240V)ですので、そのまま使用可能です。一方、その他の日本製の機械は短時間なら使用できますが、きちんと変圧器を持っていくことをオススメします。万が一、火事でも起こしたら大変ですからね。リスクを少しでも減らしておきましょう。

周波数について

意外と見落としがちなのが電気の周波数ではないでしょうか。カナダの周波数を説明する前に、そもそも日本の周波数はご存知ですか?  日本の周波数は西日本が60Hz、東日本は50Hzです。日本の機械は全国対応ですので、50Hz、60Hzどちらでも使用できます。カナダの周波数は60Hzです。つまり、西日本と同じ周波数ですので、周波数に限定すれば日本の機械をそのまま使用することができます。

Photo credit:Shadypalm88 at the English language Wikipedia(Own Work) [GFDL or CC-BY-SA-3.0 ], via Wikimedia Commons

カナダのコンセント穴に関して

先ほど説明した通り、カナダと日本のプラグは同じですが、コンセント穴が微妙に異なります。ぱっと見ると、日本のコンセント穴と変わりません。しかし、よくよく観察すると、カナダのコンセント穴は片方が少し長いのです。日本の機械のプラグは短い方に合わせているので、カナダのコンセント穴にそのまま突き刺すことができます。その一方でカナダの機械は日本のコンセント穴には入りませんのでご注意ください。

電圧変換器(変圧器)に関して

カナダと日本は電圧が少しだけとはいえ異なりますので、変圧器を持っていくようにしましょう。
ここで注意したいのは変圧器の定格容量。変圧器にはそれぞれ定格容量がワット(W)で示されており、定格容量をオーバーするとプラグから煙が出ます(筆者体験済み)。特に世界対応(100V~240V)していないものを使うときは事前に確認しておくことが重要です。必ず、変圧器経由で使う機械の消費電力を調べ、それに見合った変圧器を買うようにしましょう。目安は定格容量の8割程度で抑えるようにするのがベターです(定格容量200Wですと消費電力は160Wが上限となります)。

海外で気をつけること

これはカナダに限らず海外で注意したいことですが、変圧器と変換プラグは違います! これだけ書くと「ふーん」と思われるでしょうが、勘違いをされている方が多いので十分ご注意ください(筆者も最初の頃は同じだと思っていました)。もし、カナダで、100Vまで対応可能な機械を変換プラグを使ってプラグに差し込むと煙が出ることでしょう。最悪、火事になりかねません。わからないことがあれば、電気屋のスタッフに質問することをオススメします。

Photo credit:筆者撮影

最後に

せっかく日本の機械を持っていき、海外で使用できなかったら、とてもさみしい思いをします。ただの荷物になりますからね。カナダに限らず、海外に行く際は必ず電圧をチェックしましょう!

ライター: Nitta Hiroshi
Photo by:Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント


Compathyでカナダの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、カナダを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

*Narumi Terahara「世界遺産ナイアガラの滝&トロント

*Noriko Suzuki「バンクーバー一人旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP