体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロングセラーだけど新しい!? 福岡の“冷やし麺”と言えば「ちんめん」ったい!

f:id:mesitsu_lb:20160531134944j:plain

5月上旬あたりから、飲食店の店頭で目につくようになった「○○はじめました」の文字に、ちょっぴり小躍りしてしまう今日この頃。「冷やし中華」に「かき氷」…いいですね。

しかし、ここで我々福岡っ子が頭に思い浮かべるべきは、「ひやしちんめん」。それは、福岡でしか味わえない「名物麺」で、もっと言えば、天神ソラリアステージ地下2階、味のタウンの「あま太郎」でしかいただけない、博多っ子のソウルフードなのであります!

福岡市の繁華街・天神のほぼ中心部に位置するソラリアステージビル。ビル内には、福岡と九州・本州各地を結ぶ高速バスターミナル、天神と久留米・大牟田をつなぐ西鉄電車の始発駅なども入っており、地元っ子から観光客まで様々な人が行きかいます。今回ご紹介する「あま太郎」は、その地下2階に広がる飲食ゾーンである味のタウンにあります。

f:id:mesitsu_lb:20160531135043j:plain

麺の専門店でありながら、店名は「あま太郎」。誰もが一度は、「なぜ?」と疑問に思ったことがあるのでは。聞けば、戦後すぐは甘味店からスタートし、常連さんの「食事もしたい」というリクエストにこたえ、昭和37年より、現在のような「ちんめん」のお店になったのだとか。

f:id:mesitsu_lb:20160531135106j:plain

「ちんめん」の考案者は、甘味店とともにテーラーも営んでいた初代店主。戦後、ソウルからの引き揚げで帰国してからも、韓国冷麺の味わいが忘れられず、そこからヒントを得て生まれたのが「ちんめん」だったのだそう。メシ通レポーターのS子は長年、「ホットちんめん」ありきの「ひやしちんめん」だと思っていたのですが、実は「ひやしちんめん」があったからこその「ホットちんめん」。一年中「ひやし」がいただけることを、ここで初めて知ったのでした。大変失礼いたしましたっ!

f:id:mesitsu_lb:20160531135146j:plain

ということで本日も、お店一番の看板メニュー「ひやしちんめん」をいただきます! 写真は、2代目店主の奥様で、お店を切り盛りする笠井一恵さん。「主人はテーラーの仕事を継いだので、こちらのお店は私が手伝っているの」。いつもチャーミングな笑顔で迎えてくれます。

f:id:mesitsu_lb:20160531135208j:plain

そしてこちらが「ひやしちんめん」(680円)。麺が見えないほどに、キュウリ、ハム、卵、キャベツがたっぷり! ボリューム満点です。(プラス150円で、「ぜんざい」も付けちゃいました……)

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。