ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手間のかかった定番の味「野沢菜のおやき」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月23日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、中山道・大井宿~妻籠宿の間を歩きながら、江戸時代の風情に出会う旅をするコーナーで、俳優の大和田獏さんが「道中おやき本舗・馬籠宿店」(岐阜県中津川市)を訪れた。

同店は、信州名物の手作り「おやき」が味わえる専門店。馬籠宿は、平成の大合併により長野県から岐阜県になったという背景があり信州名物も楽しめる地域だ。

信州の「おやき」は野菜などを包んで焼いて蒸すものが多いのが特徴で、大和田さんは、オーソドックスな「野沢菜のおやき」を注文。古漬けした野沢菜を2日間かけて塩出しした後、半日煮込んであんにしている。お店で出しているおやきの中で一番手間がかかる一品だ。大和田さんは、あつあつのおやきを半分に割って頬張ると「割った瞬間、野沢菜の香りがぷんとくる」「うん。おいしい」「野沢菜の塩っ気がいいですね」「手間がかかった味がしますね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:道中おやき 嶋屋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:中津川・恵那のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:その他の料理のお店紹介
ぐるなび検索:中津川・恵那×その他の料理のお店一覧
下町レストランのこだわりデミグラスソース
高速SA&PAでしか食べられない絶品シュークリーム

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP