ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia X Performance SO-04HがAXSEEDのモバイルデバイス管理システム「SPPM2.0」に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AXSEED は 6 月 24 日、同社が提供しているモバイル端末管理システム「SPPM2.0」が NTT ドコモより発売された「Xperia X Performance SO-04H」に対応したと発表しました。「SPPM2.0」は、Android、iOS、Windows Phone のモバイルデバイスを一元管理できる企業向けの管理システムで、SO-04H は Xperia 独自の拡張 API「Sony Enterprise API」もサポートしています。Sony Enterprise API のサポートにより、Xperia X Performance では OS バージョンアップの制御、アプリのサイレントインストール、ゲストユーザーの追加制御、セーフモードの制御、既定アプリの制御を行えます。今後は、ファクトリーリセットの制御、音量ボタンの制御、Wi-Fi ネットワーク制限、証明書インストール機能にも対応する予定です。端末設定の制御では、通知バーからの操作も制限することが可能となっています。Sony Enterprise API は、KDDI とソフトバンクモデルにも導入されていますが、今回は NTT ドコモモデルだけをサポートしました。KDDI とソフトバンクモデルは今後サポートする予定です。E-API は KDDI の Xperia X Performance SOV33 やソフトバンクの Xperia X Performance にも搭載されていますが、今回は Xperia X Performance SO-04H への対応のみで、今後対応予定としています。Source : SPPM2.0

■関連記事
Huawei、Honor 5XのAndroid 6.0アップデートを正式に開始
ASUS、モバイルデバイス向けの小型モバイルプロジェクター「ASUS ZenBeam E1」を発表
Xperia X Performanceが国内で発売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP