体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリコン2016年上半期発表、三代目JSBがランキング席巻“5冠達成”

オリコン2016年上半期発表、三代目JSBがランキング席巻“5冠達成”

オリコンは23日、CDショップ、専門店、複合店、インターネット通販、家電量販店、コンビニエンスストアなど、⾳楽・映像ソフトを販売している全国約23,480店舗の実売データをもとに集計した「オリコン2016年上半期ランキング」(集計期間:2015年12月28日付~2016年6月20日付)を発表した。

三代目JSBが初の上半期音楽ソフト総売上額トップ、ランキング席巻「5冠達成」で今年度折り返し

今年度上半期における、⾳楽ソフト(シングル・アルバム・ミュージックDVD・ミュージックBlu-ray Disc)の総売上⾦額が最も⾼かったアーティストは、期間内総売上⾦額76.9億円を記録した三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEで、「アーティスト別トータルセールス(ATS)部門」の1位を獲得した。

2010年11月デビューの三代目JSBは、2013年度上半期で8位(期間内総売上19.8億円)となり初の同期ATS部門TOP10⼊りを果たして以降、2014年度同期でも8位(同18.5億円)にランクイン。昨年の2015年度同期には⼤躍進の3位(同56.3億円)となったが、さらに今年度同期はその実績を20億円以上も上回る⾦額を叩きだし、デビュー以来初の上半期同部門1位獲得となった。

また三代目JSBは、期間内売上61.9万枚を記録したアルバム「THE JSB LEGACY」(rhythm zone/今年3月発売)が、2015年度の「PLANET SEVEN」(2015年1月発売:期間内売上82.0万枚)に続いて、2年連続通算2度目となる上半期「アルバム部門(作品別売上枚数)」1位獲得を達成した。

2年連続の上半期アルバム部門1位獲得は、1994年度に「MAGIC」(1993年12月発売)、1995年度に「DELICIOUS」(1995年3月発売)で達成したDREAMS COME TRUE以来で、21年ぶり史上4組目(最多は3年連続で松任谷由実)。男性アーティストでは、1974年度と1975年度に「氷の世界」(1973年12月発売)でともに1位を獲得した井上陽水以来、41年ぶり史上2組目となり、男性グループでは史上初の快挙となる。

さらに三代目JSBは、映像作品「三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2015『BLUE PLANET』」(rhythm zone/2015年12月発売)が、⾳楽DVDとBDの売上枚数の合算による上半期「総合ミュージックDVD・BD部門(作品別売上枚数)」で1位(期間内合算総売上62.8万枚)を獲得。また同作DVDは期間内売上48.3万枚で、⾳楽作品以外も含めた上半期【DVD部門(作品別売上枚数)】と、⾳楽作品のみによる同「ミュージックDVD部門(作品別売上枚数)」でも1位となった。

メンバー個々の活動も充実する中、今年度上半期の発表8部門のうち圧巻の5部門を制し、グループの増⼤するパワーをまざまざと⾒せつけた三代目JSBは、昨年2015年度における年間⾳楽ソフト総売上⾦額は68.6億円(ATS部門3位)だったが、今年度は上半期の実績のみで同⾦額をクリアした。今年度上半期ATS部門で2位の嵐(期間内総売上⾦額53.4億円)、同じく3位のAKB48(同38.7億円)という“強豪”を引き離したその勢いを下半期もキープし、初の年間ATS部門制覇となるか。三代目JSBがさらなる冠獲得に向けて今年度を折り返している。

三代目 J Soul Brothersから届いた喜びのコメント
この度は、このような光栄な結果を頂けて本当に感謝の気持ちで⼀杯です!
この結果を通して、沢山の方々に僕達の⾳楽を聴いて下さったんだと実感できますし、
ファンの皆さんに支えられ、応援して頂いている結果だと思います!
これからも皆さんのご期待に応えられるようにさらに頑張りたいと思います。
本当にいつもありがとうございます!!

AKB48がシングル部門の歴代最多記録を“6年連続”へ更新、首位獲得/1位・2位独占/ミリオン達成

シングル部門ではAKB48の44thシングル「翼はいらない」(キングレコード/今年6月発売)が期間内売上148.0万枚で上半期ランキングを制した。AKB48による「上半期シングル⾸位連続獲得年数」は2011年の「Everyday、カチューシャ」以降6年連続となり、2013年に3年連続の新記録を樹⽴して以降、史上初の記録を更新し続けている。(本記録2位は、中森明菜(1986、1987年)、宇多⽥ヒカル(2001、2002年)、嵐(2009、2010年)の3組による「2年連続」。)

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。