ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スカパラ×横山健、初の日本語歌詞に挑戦した理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スカパラ×横山健、初の日本語歌詞に挑戦した理由
J-WAVE月曜ー木曜11時30分からの番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。6月23日のオンエアでは、東京スカパラダイスオーケストラから、バリトンサックスの谷中敦さんと、ギターの加藤隆志さんが登場しました。

前日にKen Yokoyama(横山健)さんとのコラボシングル「道なき道、反骨の。」をリリースしたばかりだった東京スカパラダイスオーケストラ。Ken Yokoyamaさんは、ずっと気になっていた存在でありながら、今回が初めてのコラボになったと言いますが、今では「バンドのメンバーのよう」になるほど仲が良いそうです。

さらに、この曲はKen Yokoyamaさんにとってはオリジナルでは初の日本語歌詞でもあります。その経緯について、伺いました。

谷中:コラボ以前に、もともとYokoyama君に書いた詞を送っていて、それを読んだ彼から「もし日本語で歌うことがあるなら、谷中さんの詞でスカパラで歌いたいです」という返事をもらって。

サッシャ:じゃあ、谷中さんの詞がきっかけになってるんですか?

谷中:そういうことです。あと日本語で歌いたいっていうのは、東日本大震災のとき、Yokoyama君が被災地に行って演奏するときに「持ち歌が英語しかないから、こういうときに日本語で歌いたい」って強く思っていたらしくて。そんな矢先にスカパラとの接点ができて、今回のコラボを決意するに至ったんだと思います。

サッシャ:この詞はもともとあったものなんですか? それとも、Yokoyamaさんに合わせて書いた詞なんですか?

谷中:合わせて書きました。Yokoyama君もスカパラも歴史があって、お互い道なき道をやって来ている。その中で、この世代が感じる、世の中や若い人に伝えたいメッセージを抽出して書きました。

また、意欲的にさまざまなアーティストとコラボに挑戦する東京スカパラダイスオーケストラですが、その真意について以下のように語りました。

加藤:僕は、途中からスカパラに参加した身としては、デビュー当時を見ていたんですが、Hi-STANDARDもスカパラもフィッシュマンズも全然音楽はバラバラなのに、今ではその3組が一緒にやっているのはすごいことだと思います!

谷中:でも意外と根っこは同じだったりするんですよね。80年代のパンクが好きで、でもそこから「自分たちの音楽は人と一緒じゃ嫌だ」っていう人たちが自分の道を突き進んでいったら、ここでまた、合流してきたって感じがあります。

今年も、方々のフェスに参加する東京スカパラダイスオーケストラ。もしかしたらKen Yokoyamaさんとのコラボも披露するかも? とのことなので、要チェックですね!

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

きゃりーぱみゅぱみゅ「芸能人って大変」(2016年05月19日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1611.html

H ZETT M 「新曲なんてすぐにできちゃう」発言?(2016年05月12日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/h-zett-m.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。