ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本発!夜間飛行可能農業用ドローン実用化へ、自動で害虫駆除を目指す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「あのような危険なものは飛ばすべきではない」とも言われていたドローンだが、徐々に身近なものになっている。

佐賀県と佐賀大学、そして株式会社オプティムは共同である実験を行った。それは殺虫機能を搭載した農業用ドローンの夜間飛行である。

夜間の自動飛行が可能に

『アグリドローン』は、自動飛行機能を装備した佐賀発の新型ドローンである。

無線操縦のヘリコプターを使って害虫駆除をするということは以前からも行われていたが、それは操縦者の高い技能を必要とする。ましてや夜間飛行などは、経験の浅い操縦者には不可能だ。

だが世界初のドローン対応殺虫機を搭載した本機は、実験において夜行性害虫の駆除、すなわち夜間の自動飛行に成功している。

アグリドローンは近赤外線カメラ、サーモカメラを状況に応じて切り替える機能も有している。そのカメラで撮影した画像から害虫がいる地点を解析し、ピンポイントで農薬を散布するということも可能だ。

我が国の農業関連技術の高さが示されたと同時に、ドローンの進化にまた新しい分岐が発生したのだ。

地方から始まる「変革」

佐賀県、佐賀大学、オプティムは『IT農業三者連携協定』というものを締結している。

これは「楽しく、かっこよく、稼げる農業」という言葉の下、担い手不足や高齢化などの問題をテクノロジーで克服しようというものだ。

農業の在り方を変革させるかもしれない取り組みが、地方都市から始まっているのである。

株式会社オプティム

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP