ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノオミ・ラパス、映画『プロメテウス』続編に出演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ノオミ・ラパスが、リドリー・スコット監督の映画『プロメテウス』の続編となる、米20世紀フォックスによる映画『Alien: Covenant(原題)』に出演する。

同作には、ラパスの他に、マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、デミアン・ビチル、ビリー・クラダップ、ダニー・マクブライドが出演し、スコットが監督を務める。同スタジオはコメントを控えた。

シリーズ3部作の2作目となる『Alien: Covenant(原題)』のあらすじの詳細はまだ公表されていない。ラパスは、『プロメテウス』で考古学者のエリザベス・ショウを演じた。

主な撮影は、最近、オーストラリアのニューサウスウェールズで開始された。『Alien: Covenant(原題)』は、2017年8月4日に米劇場公開となる。

『プロメテウス』の舞台は21世紀の終わりで、1979年に公開されたスコット監督の映画『エイリアン』の30年前という設定だ。『プロメテウス』は、全世界で4億ドル以上の興行総収入を記録した。宇宙船プロメテウスに乗り込んだ科学者たちが、人類を一掃できるほどの武器を持つ高度な文明の形跡を発見する。シガーニー・ウィーヴァーが出演したオリジナル版映画『エイリアン』は、1986年、1992年、1997年に続編が製作された。

ラパスは、『プロメテウス』、映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』、スウェーデンの小説『ミレニアム』シリーズをもとにした映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』、映画『ミレニアム2 火と戯れる女』、映画『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』の主演として最もよく知られている。

ラパスは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP