体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラーメン激戦地・中野区で人気の油そば「六伍郎」。元人気お笑い芸人の店主が語る“人生の第2ラウンド”

f:id:Meshi2_IB:20160613142450j:plain

芸能人が飲食店を出すケースは数あれど、閉店しまうことも多いのでは。中には名前を貸すだけで、自分はほとんどそのお店に関わっていないなんてケースも多々あるのだとか。

そんな中、お笑い芸人を引退した人物が“生業として”本気で営むラーメン店が一部のラーメン通たちの間で話題になっているという。

西武新宿線・野方駅南口を出て目の前の商店街の中を歩いていくと、その店はある──。

f:id:Meshi2_Writer:20160426135725j:plain

それが、ここ。

f:id:Meshi2_Writer:20160426135930j:plain

「麺処 六伍郎」

こちらが店主の吉井崇さん。

f:id:Meshi2_Writer:20160426153850j:plain

「シェーン!」というお笑いコンビのボケ役として活動し、バラエティ番組への出演や「M-1グランプリ」では準決勝に進出するなどの活躍を見せたが、2013年にコンビを解散。そこからお店を構えることを決意したのだそう。

芸人を引退した現在は、むろんこれが本職。独学でゼロからお店を開き、店主として昼夜ほとんど1人で厨房に立っている。

ネタ作りさながらに試行錯誤を重ねた“こだわりの油そば”

f:id:Meshi2_Writer:20160426190519j:plain

店主の吉井さんは奈良県出身。田舎にいる頃は特別にラーメンを意識したことはなかったそうだ。

芸人を目指して奈良から上京した際、東京の油そばに衝撃を受けたんです。それもあって、芸人をしながらのアルバイト先もずっとラーメン店だったんです。かれこれ14年近くはやっていたと思いますね。アルバイトでも長いこと作っていましたし、芸人時代も、ライブやテレビ局に行った帰りに食べ歩きをしたりもしていて「美味しい味のパターンは分かってきた」という自負はあったんです。(吉井さん)

そう語る吉井さんは、引退を決意した後に本格的に油そばの研究・試作にとりかかり、翌2014年にお店をオープンさせた。

芸人の性の名残りなのか、まさしく「ネタ作りのように」味や素材には相当こだわったようだ。

良くも悪くも、芸人特有の頑固さは残っていますね。お笑い時代でも「ネタをこれに変えた方がテレビでウケる!」なんてアドバイスされたとしても、結局、自分が「面白い」と納得したネタ以外やりたくなかった。同じような考えで、自分が「美味しい」と納得する味を追求していった結果、儲けを度外視した原価になってしまいました(笑)。一般に油そばって「ラーメンと違ってスープに手間がかからない分、原価が安くなる」と言われているんですが、これがいざやってみると意外と奥が深くて。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。