ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

簡単なのに主役! 豚こま肉で作る「焼豚」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

持ち寄りパーティでどんな料理を持っていきますか? みんなに喜んでもらうなら、人気料理を持っていきたいですよね。

肉料理の中でも人気の焼豚。実は、豚こま切れ肉を使って簡単に作れるんです。

豚こま焼豚の作り方

【材料:作りやすい分量】
豚こま切れ肉:300g
A醤油:大さじ1と1/2
A砂糖:大さじ1
Aチューブにんにく:小さじ1/2
Aこしょう:小さじ1/4

【作り方】
①ポリ袋に豚こま切れ肉、Aを入れてもみ込む。

②二重にしたラップの上に①を直径9cm程度の棒状に成形してのせて包む。

③お湯を沸かし、弱火にして②を入れて8分茹でたら、蓋をして火を止めて冷めるまで放置する。

④フライパンを中火で熱し、表面をこんがりと焼く。

⑤食べやすい大きさに切り分ける。

※切りにくい場合は、ラップで包んで1時間ほどおいてから切り分けてください。

しっかりとラップで包んで形を整えるのがコツ。きちんと成型することで、見た目も味も、かたまり肉の焼豚そっくりに仕上がります。豚こま切れ肉を何重にも重ねることで、食感はふんわりやわらか。全体に味が染み込んだお肉はとってもジューシーで、肉独特のパサパサ感は少しもありません。サンドイッチに挟んだり、角切りしてミニトマトと一緒にピックで刺し、ピンチョスにしてもおしゃれです。

見た目も豪華な焼豚は、持ち寄りパーティーでテーブルに華を添えてくれます。ふつうに作ったら手間のかかってしまう焼豚でも、このレシピなら簡単です。ぜひ試してみてください。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP