ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕込むなら今! 自家製らっきょうのレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初夏に旬を迎えるらっきょう。カレーのつけ合わせにしたときぐらいしか食べないという人も多いかもしれませんが、らっきょうは栄養もたっぷりで実はさまざまな料理にアレンジすることができて重宝する食材。この時期に多く仕込んでおけば、1年を通して楽しむことができます。今回は料理研究家・杵島直美さんによる基本からアレンジまで、ぜひ試していただきたいらっきょうレシピをご紹介します。

●まずは基本の塩漬けをマスター

塩水漬けらっきょうのレシピ | 料理サプリ

そのまま食べても美味しくてお酒のお供にもぴったり。長く保存するときは食卓に出す前に水につけて塩抜きをしましょう。

アレンジレシピはこちら!

塩水漬けらっきょうのソース2種のレシピ | 料理サプリ

塩水漬けらっきょうのオイル漬けのレシピ | 料理サプリ

●定番の甘酢漬けも自家製ならではの味わいに

らっきょうの甘酢漬けのレシピ | 料理サプリ

カレーのつけ合わせにはやっぱり甘酢漬け。市販のものとは違う自家製ならではの味わいをぜひ!

●煮込んだらっきょうは甘くてホクホク!

豚バラとらっきょうのさっと煮のレシピ | 料理サプリ

らっきょうは煮物や炒めものにも使える万能の食材。加熱したときのホクホクとした食感と意外な甘さが格別です。

らっきょうは疲労回復効果があるビタミンB1の吸収を高めるアリシンという成分が多く含まれていて夏バテ対策にもぴったり。ぜひ普段の料理に活用してみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

まるでデパ地下! 夏野菜でおしゃれなデリ風ピクルス
肉×トマト×さっぱり風味! 夏に食べたい“ごちそうサラダ”
ごはんが進む、麺も進む!「肉味噌」を作ろう

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。