ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SUUMO調べ、東京都のおもしろいイベント 2位「東京マラソン」・1位は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

(株)リクルート住まいカンパニー(東京都千代田区)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、賃貸居住者へ住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施し、調査結果を「SUUMO 賃貸居住者に聞く!気になるランキング」として紹介している。梅雨が終われば、イベントの多い季節「夏」がやってくる。住んでいる地域に、毎年楽しみにしているお祭りやイベントがあれば、地元への愛着も強くなるのでは?そこで今回は、東京都の人が選んだ「住んでいるところのおもしろいイベント」ランキング。

【調査概要】

●調査実施時期:2014年10月28日~2014年10月29日

●調査対象者:東京都にて賃貸住宅に住んでいる20~59歳までの男性128名・女性182名

●調査方法:マクロミル インターネット調査

●有効回答数:310

【調査結果】

Q.あなたの住んでいるところのおもしろいイベントは?(複数回答)

<総合ランキング>

1位:隅田川花火大会 25.2%

2位:東京マラソン 11.0%

3位:東京湾大華火祭 10.2%

4位:世田谷区たまがわ花火大会 5.5%

5位:三社祭 5.5%

6位:江戸川区花火大会・市川市民納涼花火大会 4.7%

7位:麻布十番納涼まつり 3.9%

8位:足立の花火 3.1%

9位:野外フェス 2.4%

※上位9位まで表示

東京都に住んでいる人が選んだ「住んでいるところのおもしろいイベント」1位は、「墨田川花火大会」。江戸時代から続く伝統ある花火大会で、「親戚で集まって楽しめる」という声もあり、夏の恒例行事として親しまれている。現地へ行けなくても「テレビ中継で気軽に楽しめる」のがいいところ。

2位は「東京マラソン」。東京の名所や代表的な街並を堪能できる「コースが魅力的」という声も。参加するには抽選で当たる運が必要だが、応援するだけでも楽しいイベント。

3位は「東京湾大華火祭」、4位は「世田谷区たまがわ花火大会」、5位は「町中が活気にあふれ、楽しい」浅草の「三社祭」。そのほか、江戸川沿いで行われる「江戸川区花火大会・市川市民納涼花火大会」や、「麻布十番納涼まつり」「足立の花火」「野外フェス」がランクイン。上位9位のうち半数を占める花火大会は、「日本の風情を感じられる」ことから人気を集めている。

ランキングには、さまざまな街の楽しいイベントが並んだ。これから、東京都で引越しを予定しているなら、「花火大会が見える部屋」「お祭り会場まで行きやすい立地」なども考えて物件探しをするのもいいかもしれない。

【主な回答】

●隅田川花火大会:情緒がある。(39歳・女性)

●隅田川花火大会:家で毎年家族とテレビ観覧で楽しんでます。(48歳・女性)

●東京マラソン:日本の首都の交通網を止めて、市民が道路を走る一大行事だと思うから。(43歳・男性)

●東京湾大華火祭:世界に誇る都市である東京の景観を見ながら楽しめる。(49歳・男性)

●東京国際映画祭:芸能人を国外問わず見れて、楽しいから。(30歳・男性)

●浅草サンバカーニバル:浅草の古い町並みとミスマッチして面白いと思う。(43歳・男性)

●各区主催の区民祭:各々のエリアごとの違いを近隣で豊富に楽しめる。(52歳・男性)

●大使館主催の各国のフェスティバル 代々木公園:各国の文化が分かり、各国の本格的な料理が楽しめる。(31歳・女性)

●高円寺の阿波おどり:昨年はじめて行って、感動したから。想像以上に本気モードだったので。(45歳・女性)

●東京の夏のクラシックコンサート:国際フォーラムが音楽の街になる。(56歳・女性)

「SUUMO 賃貸居住者に聞く!気になるランキング」コーナー:住まいに関する様々なテーマについてアンケートを実施し、結果をまとめた記事を発表。
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/06/aee4227f8586a9b86c6b9a9a880e9509.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

SUUMO調べ、夫に黙ってこっそり捨ててしまったものは?調査結果発表
SUUMO調べ、ペット可賃貸に住んだら飼ってみたいペットは?調査結果発表
SUUMO調べ、好きな方言が使われている都道府県はどこ?ランキング発表

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP