ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

櫻井翔 2億円の軽井沢別荘を両親にプレゼント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 JR軽井沢駅から車で10分ほど。樹齢100年を超える広葉樹が生い茂り、鳥のさえずりが響く高原の森の中に、全面ガラス張りや古い洋館風などの瀟洒な建物が点在している。政界きっての資産家である鳩山由紀夫元首相やソフトバンクの孫正義社長などが別荘を構える、軽井沢の中でも一等地と呼ばれるエリア。

「櫻井さん、よく見かけますよ。最近、軽井沢がお気に入りのようです。この春にも近くのゴルフコースでプレーされていましたよ」(地元住民)

 昨年秋、その付近に土地を購入したのは、嵐の櫻井翔(34才)。広さ約300坪で、地元不動産会社によれば2億円前後の人気物件だったという。

「ご両親へのプレゼントだったようです。翔さんのお父さんはこの6月に総務省の事務次官を退官しました。寸暇を惜しんで仕事してきたお父さんにやっとゆっくりする時間ができた。“お疲れさま”という思いがあったんでしょう」(櫻井家の知人)

 父親思いの長男に、舛添要一前都知事(67才)の公私混同辞任で、次の都知事候補の“最有力”にも挙げられた父親の俊さん(62才)。凄すぎる父子だがこの2人だけではない。父、母、弟、妹──櫻井家はみんな揃って“エリート”なのだ。

 両親が暮らすのは東京・世田谷の閑静な住宅街。周囲より一回り大きく洋風でシックな外観の櫻井家はひと際目立つ。

「このあたりは普段は静かなんですが、お父さんの名前が都知事候補に挙がったとたんに記者が集まって、賑やかでした」(地元住民)

 父・俊さんの出身は群馬。名門・前橋高校から東京大学法学部に進み、1977年に旧郵政省(2001年に総務省に再編)に入省した。総務省は職員数5000人以上。俊さんはその中で官僚の最高ポストである「事務次官」にのぼりつめた。

「俊さんの父、つまり翔くんのお祖父さんも地元では有名な人でした。敏腕記者で、群馬の地元紙『上毛新聞社』で専務取締役まで務めた人物。翔くんのニュースキャスターとしての矜持もお祖父さんにルーツがあるのかもしれません」(前出・知人)

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
櫻井翔の官僚トップ父 物腰柔らかだが大臣に反対する気骨も
冷蔵庫の残り物や常備食材で作るアイディアおにぎりレシピ
娘に元カノの名前をつけた夫「そんな女性になってほしい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP