ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イチローのゲン担ぎ 不振時は球場入りルート変更

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日米通算4257安打を達成し、ピート・ローズ氏(75)が持つ記録を超えた米メジャーリーグ・マイアミマーリンズのイチロー(42才)。記録を塗り替えられたローズ氏は「日本プロ野球はメジャーと同レベルではない」などと批判的な持論を展開。米メディアでもイチローの功績を称える声もあれば、ローズ氏と同じような見解を示すものもある。そうやって話題になるのも、これが大記録だからこそ。ここまで数字を積み上げてきたイチローの意外な一面について関係者らに聞いた。

■抜群の英語力でスペイン語も話す
 イチローは地元メディアの取材に対しても常に日本語を話す。大リーグにわたって16年目、英語はかなり上達していそうなものだが。

「日本語で通しているのは、“自分の発言を正確に伝えたいから”です。実際には英語は堪能。チームメートとの会話ではスラングを使ってジョークを飛ばすほどです。マーリンズには母国語のスペイン語を話す選手も多いのですが、彼らとも冗談交じりにスペイン語でコミュニケーションをとっています」(スポーツライターの友成那智さん)

■記者にもプロの仕事を求める
 記者を育てるのも選手の仕事。そう考えるイチローは、レベルの低い質問には「質問の意味がわかりません」とぴしゃりとはねつけるため、記者泣かせともいわれる。

「メジャーに移籍してからは、ロッカールームには質問がある記者だけが行くようになりました。ベテランの通信社の記者が“代表取材”をしていた時期もあります。取材のプロだけを相手にしたいという、野球のプロであるイチローらしい考えといえます」(メジャー担当記者)

■帰宅してからも毎日トレーニング
 毎日、寸分たがわぬルーティンを行うのがイチ流。試合が本拠地で開催される日は、起床後、自宅に揃えたトレーニングマシンで汗を流してから球場入り。その時刻は、ナイターの場合は午後2時頃だ。3時には練習用のウエアに着替えて、ウオーミングアップ。試合では、打席に入る前、そしてバッティングまでの一連の動作はおなじみだ。そうしたルーティーンは戦いの後にもある。

「試合後にはロッカールームでスパイクとグラブを磨きます。帰宅後は、食事までの時間を使ってマシントレーニング。食後もまたトレーニングをして、その後、2時間かけて全身をマッサージ。すべては試合で力を発揮するためです」(友成さん)

■不振時は球場入りルートを変えゲン担ぎ
 ゲン担ぎをするスポーツ選手が多いが、ルーティーンを厳守するイチローは、ほとんど行わない。するのは、バッティングが不振のとき、球場まで向かう車のルートをわずかに変えたり、車内でのBGMを変えたりする程度だ。

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
イチロー 斎藤佑樹への取材に影響力をもつも記者はビクビク
福本豊氏「脚力と年齢は関係ない」とイチロー脚力低下を否定
ニッチロー イチロー快挙祝福「負けないパフォーマンスしたい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP