ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自慢友人に関係を悪化させず悪癖を治させる方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 都内在住の会社員・篠崎太氏(仮名・49)は30年来の友人の扱いに困っている。その友人は酒に酔うと「俺の場合」、「俺だったら」と自慢話を始める。辟易としているが、共通の友人も多いため、できれば関係を悪化させず、悪癖だけを治したいという。精神科医で京都大学非常勤講師の片田珠美氏の指摘である。

「自慢話が多い人は、自己愛と称賛欲求の強い人です。その一方で、現実には周囲からの客観的評価は自己評価ほど高くないため、欲求不満や怒りを抱えている人が多い。

 自身を客観視できない彼らには、『一般化』で、自分の行為に気づかせるしかありません。“一般論として”という枕詞を付け、“本当に凄い人は自慢しないよね”と間接的に諭す方法をお勧めします」

 友人に会うのが面倒なら、「家計が大変で、嫁から飲みに行かないでといわれている」など、他者のせいにする「他責的ないい訳」による拒絶が有効だという。

※週刊ポスト2016年7月1日号

【関連記事】
「会ったことがない親戚の東大生」をFBで見つけて自慢する男
山崎元氏「社内に女性の友人が多く精力抜群な男は出世する」
鳩山邦夫氏「友人の友人がアルカイダ」発言で蝶マニアが苦境

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。