ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

簡単で安い本格的な撮影所の作り方。家庭の撮影スタジオに最適です。スチロール箱&A1ロール&プラダンを使う!

  • ガジェット通信を≫

家に作っておくとちょっとした物撮りに便利です。誰でも簡単に作れる本格的な撮影所の作り方を紹介します。大きなものまで撮影できますよ。家庭の撮影スタジオに最適です。費用は5000円で、大型の物撮りから照明の対策もします。

本邦初公開です。A1ロールを撮影に使っている人は多いはずです。安いし簡単に交換できるので。しかし発砲スチロール箱を使っている人は少ないでしょう。そして悩んで悩んだ挙句ついに見つけたのがプラダンです。

まず材料を紹介して、その後にどのように設置するか。そしてどのように撮影するかを紹介します。これだけで、物撮りを完璧に行うことができます。

こちら実際に撮影した画像です。白と黒の物撮りをここまで綺麗に撮影することができます。USBライトなどで、さらに照明をちょっと工夫すれば、もっと良い画像を撮れます。

家庭用の撮影スタジオの材料紹介

できるだけ大きい発泡スチロール箱 約2000円(送料込み)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B018O73WKA/


A1ロール紙 約2500円(送料込み)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000W99W6M


養生プラダン 約1000円(送料込み)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B007R9GDMQ/

3分で作れる撮影スタジオ構築方法

部屋の窓際を探します。このような形があると簡単です。無ければ画鋲か何かで止めましょう。

発泡スチロール箱を裏返します。

ロール紙を後ろに置いて、紙を伸ばして、窓で止めます。

撮影スタジオの完成です。

プラダンも使いやすいサイズに切ります。

こんな感じに、ちょっとカスタマイズして使うと良いでしょう。高さの調整と、下に照明を設置できるようにしています。また透明な板があったので、それを入れています。

本格派撮影テクニック

実際に撮影してみましょう。何か適当に物を置きます。黒や白いものは、実はなかなか撮影が難しいのです。

プラダンで蛍光灯を防ぎます。ライトボックスの代わりになります。

絞りF値を大きくして撮影します。タイマーにして、シャッターを予約したあとに、プラダンを手で持ち上げると良いでしょう。

たったこれだけで、本格的な撮影スタジオにも劣らない撮影が可能です。ちなみに発泡スチロール箱の下からライトを当てて影を消してもOKです。

はいこちら、カメラの設定を行い撮影した画像です。簡単に高品質な撮影が可能です。

写真が綺麗と思ったらぜひお試しくださいませ。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP