ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもが海やプールで感染しがちな病気を予防したい!

  • ガジェット通信を≫


これからの季節、お子さんを連れてプールや海、川などで遊ぶことも多くなると思います。そこで心配なのが感染症です。

プールや海で感染する病気の種類や、予防方法について医師に解説していただきました。

海やプールで子どもが感染しやすい病気とは?

海やプールで感染しやすい病気として、以下があげられます。

・咽頭結膜熱(いわゆるプール熱)

・流行性角結膜炎(はやり目)

・水いぼ

・手足口病

・ヘルパンギーナ

・クリプトスポリジウム※1による感染症

ほかにも、病原性大腸菌や、マットなどの共用によって足白癬(いわゆる水虫)などに感染してしまう可能性もあります。

また、夏の海での感染症にビブリオ・バルニフィカス※2による感染症がありますが、こちらは免疫力が下がっている人に感染することが多く、健康な人にはほとんど影響がありません。

※1:クリプトスポリジウム……

動物の消化管の細胞に寄生して増殖する、寄生虫のことです。塩素に対して強く、熱や乾燥に弱いのが特徴です。

※2:ビブリオ・バルニフィカス……

コレラや腸炎ビブリオに近い細菌のことです。おもに暖かい海で増殖し、汚染された魚介類を食べたときや、傷口などから人に感染します。

それぞれの病気の特徴は?

1.咽頭結膜熱(プール熱)

主にアデノウイルスを原因とする感染症で、高熱やのどの痛み、目の結膜炎を特徴とする疾患です。のどの炎症は重く、強い痛みがあることが多いといわれます。

2.流行性角結膜炎(はやり目)

アデノウイルスの感染症で結膜が充血し、目から涙や、目やにが多く出るといった症状があります。

3.水いぼ

半円状のポコッとしたふくらみで、子どもにできやすく、特にアトピーの子に多いといわれています。

4.手足口病

コクサッキーウイルスによって、手のひら、口、足の裏に小さな水泡ができることが特徴です。

5.ヘルパンギーナ

エンテロウイルス属、特にA群コクサッキーウイルスの感染によるもので、発熱から咽頭の粘膜が赤く腫れ、口内にたくさんの水疱ができることが特徴です。

6.足白癬(水虫)

白癬菌と呼ばれる真菌の感染症で、かゆみが出たり、リング状に紅斑ができるのが特徴です。

7.クリプトスポリジウム感染症

土壌や感染者の糞便などを介して感染するもので、水溶性の下痢や腹痛、発熱を引き起こします。

8.ビブリオ・バルニフィカス感染症

暖かい海の中で発生するもので、糖尿病や肝疾患など抵抗力の下がっている方がかかりやすいです。

手足の非常に強い痛みや、皮膚が腫れ上がったり、高い熱が出たりし、発病すると半分以上が死に至ると考えられます。

予防するために注意できることはありますか?

免疫力の低下している方や、体調のすぐれないときは、プールや海水浴は控えたほうがよいでしょう。

また、タオルの共用などは感染症の危険が高まりますので、注意してください。

プールや海水浴のあとは、シャワーを浴びて清潔にし、ゆっくり休みを取るようにしましょう。

医師からのアドバイス

海やプールは楽しいものですが、感染症の危険は常にともないます。お子さんやご自身の免疫力を落とさないためにも、万全の体調で海やプールに入るようにし、無理しないことを心がけましょう。

また、急な発熱やのどの痛み、目の赤みなどおかしいなと思う症状が出たときは、医療機関にかかるようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

夏に流行る「アデノウイルス」について知りたい!
夏がきた!子どもと気を付けたい「プール熱」
暑い夏には要注意? …結膜炎について教えて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP