ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドイツ旅行で買いたいお土産7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヨーロッパの中でも、人気の旅行先として世界中から観光客が集まるドイツ。

そんなドイツには、美味しいお菓子や食べ物からセンスの良い文房具に至るまで、様々なお土産が販売されています。

日本では手に入らないものや高級なものが、現地ではリーズナブルな価格で手に入ったりと、お土産を事前に調査しておくことで、きっともっと旅が楽しくなるはず。

それでは早速、ドイツで買うべき素敵なお土産を見ていきましょう!

 

ビール

This Sandwich, That Beerさん(@thissandwichthatbeer)が投稿した写真 – 2016 6月 7 8:04午後 PDT

世界的に有名なビールフェスティバル「オクトーバーフェスト」があることでも有名なドイツ。ドイツにはなんと千種類以上のビールがあるらしく、味も美味しいものがたくさんです!

お土産に迷ったら、とりあえずはドイツビールを買っておけば間違いなし!

 

チョコレート

Milkaさん(@milka_czsk)が投稿した写真 – 2016 5月 23 12:02午前 PDT

ヨーロッパで大人気のドイツチョコレート「milka」。ヨーロッパの国々では、どこの国のスーパーでも見かけることができるほどポピュラーなものです。

一口食べればやめられなくなってしまうほど、甘くて美味しいドイツチョコ。

家族や友達、会社の同僚など、どんな人からも喜ばれる定番お土産です。

 

バウムクーヘン

꿀꼼스토리さん(@sweeet.sj)が投稿した写真 – 2016 6月 4 4:07午前 PDT

日本でも大人気!ドイツの定番スイーツといえば、やはりバウムクーヘンですよね。

日本では日常的に食されていますが、ドイツではクリスマスに食べる高級お菓子として認識されているようです。

クリスマスの時期以外は、売っているお店を見つけるのは難しいそうですが、その分見つけた時の喜びはひとしおです。

 

グミ

Deutsch Schule Ikebukuroさん(@deutsch_schule_ikebukuro)が投稿した写真 – 2016 6月 8 12:45午前 PDT

ドイツのグミ「ハリボー」は、世界的に有名ですよね。種類が豊富で美味しく、そしてリーズナブルなので、大量買いする人も多いのだとか。

スーパーなどで気軽に手に入れられるそうなので、お土産としてオススメです。子どもにも喜ばれそうですね。

 

シュタイフのテディベア

Mette Bech M’hamsadjiさん(@metje3)が投稿した写真 – 2016 5月 26 2:27午後 PDT

ドイツのシュタイフは、世界で初めてぬいぐるみを作った会社として有名です。そんなシュタイフのテディベアは、興味のない人でも買ってしまうほど可愛いものなのだとか。

結婚や出産の際に、お祝いの品としてプレゼントしても良さそうです。

 

文房具

Faber-Castell Officialさん(@fabercastellglobal)が投稿した写真 – 2016 3月 17 9:19午前 PDT

ドイツは、品質とデザインが良い文房具があることでもよく知られています。「ファーバーカステル」など、世界的に有名な文房具ブランドもドイツ発祥。

日本ではちょっと高いイメージですが、現地では気軽に買えるお値段で販売されているそうです。

 

アンペルマングッズ

Melody ⚓️さん(@melodybvl)が投稿した写真 – 2016 5月 20 10:32午前 PDT

旧東ドイツの信号機のマークだったアルペンマンは、その可愛らしいルックスで今やドイツのお土産として大人気!

専門店で販売されるグッズの数々はどれも魅力的で、お土産に買っていく人が多いです。

 

ドイツに行ったら何を買おう??

旅行ガイドブックや雑誌などに載っている定番のドイツ土産から、あまり知られていないけれどドイツらしさの魅力的なお土産まで、素敵なお土産がたくさんありますね。

皆さんも、ドイツに訪れる際には、是非!本日ご紹介したお土産を購入してみてくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

クララは温泉で足を治したの?「アルプスの少女ハイジ」ゆかりの地まとめ
会社を辞めてドイツに移住した私が、大学生のときに知りたかった3つのこと
世界最大のビールの祭典!ドイツの「オクトーバーフェスト」をご紹介
もっとお得に免税店を使う方法!現役CAが教えます!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP