ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

そこ、日焼け止め塗り忘れてない?「正しい塗り方」で効果を最大限発揮!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日中の日差しも強くなってきた今日この頃。日焼け止めのパワーを最大に発揮するには、塗り方にコツがあります。そこで今回は、今お使いのアイテムの使い方を工夫するだけの、簡単お手入れ方法をご紹介したいと思います!

濃度で違う適量

まずはどのくらいの量を塗ったら適量なのか?という部分から見てきましょう。お顔につける場合で考えてみます。

《目安量》
・液状日焼け止め→1円玉2枚分
・クリーム状日焼け止め→パーツ粒2つ分

実はこのように、液の濃度によっても適切な量が異なります。「もったいないから少しを伸ばして使おうかな?」と、使用量をケチケチしてしまっては、せっかくの日焼け止めがうまく本領発揮できません。また、お顔全体に薄くのせたら、もう一度上から重ね塗りをするとしっかりキープできますよ♡

塗り忘れに気をつけて!

日焼け止めを、よく塗り忘れてしまう部位があります。それがこめかみと、耳裏から首にかけてです。


私も自分で顔にクリームを塗る際に、まず頬やおでこにのせていきます。そして、余ったらクリームをアゴから首へ。しかし、その時に耳裏まで塗っていたかな?と考えると、なかなか見落としがちなポイントだと感じました。またシミが現れやすいのがこめかみということで、日焼け止めの塗り忘れに要注意です。

体に比べて、顔は光に当たりやすいパーツ。意識して、将来の肌トラブルに備えましょう。

脚や腕には、くるくると

最後は手脚に塗る際ですが、まっすぐ一本の線を出して、らせん状にくるくるしながら全体へ伸ばすことがポイントです。縦方向にだけ伸ばすと、手足のカーブがうまく塗れないなんてことも。回しながらクリームを広げていくことで、均一に伸ばすことができます。

最後に

日焼け止めの塗り方に焦点を当ててみましたが、いかがでしたか?お手持ちアイテムの塗り方や量を正しく使って、商品の力を最大限発揮させてみてくださいね♡

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

しなやかな身体をつくる!効果がいっぱいのお得なストレッチポーズ
心と体をケアして痩せ体質へ!「温冷浴」の3つの効果
“シミを防ぐ”ための日焼け止めの選び方って?おすすめ日焼け止め3選
雨の日が待ち遠しくなる♪憧れブランドのおすすめレインシューズ3選
【紅たき占星】あなたの人知れず悩んでいることがわかる心理テスト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP